2009年04月11日

「学校フレッシュ水道」は水教育にプラスになる!

都内の公立小学校ビルで使用している「水」が、
貯水槽使用から、配水管から直接蛇口に
つなぐ「直結給水」に改修される工事が
進められているという、ニュースを見つけました目

3階以上の建物の場合、今までは直結給水が困難だったため、
屋上の貯水槽に貯めた水を蛇口から使用していたのが、
技術の進歩により直結給水が可能になったのをうけ
「学校フレッシュ水道」として、
2007年から事業が進められているのです。



実は、この背景には、少子化による子供の減少もあるようですね。

貯水槽の容量は子どもが多かった時期に合わせているため、

児童が減る次項有使用量が減る次項有水が滞留する時間が増える
次項有鮮度が落ちやすくなる次項有安全性にも影響がでてくる可能性が


といった衛生面での心配が懸念されていました。



しかし、直結給水によってそれも解消されたそうなのです。

また、直結給水を行っている学校では、
水道への満足度も増えているといいます。

それに、季節によって水の温度差を実感できるのも、
直結給水だからというのもあると思います。


ぬるくてマズイ、学校の水が、新鮮でおいしい水
変わっていくのはいいことですよね(^^)


最近の子供達は、生まれたときから
「ミネラルウォーター」のボトルが
家庭に常備されているのが当たり前、
という環境で育っている子が増えてきています。

環境対策として欧米各国でも
“蛇口回帰”の運動が活発になっている中、
水教育を進めるためにも、学校での直結給水は
必要なんじゃないかな? なんて思いました。



【参考サイト】
asahi.com:学校の水、おいしい-マイタウン東京


関連記事


posted by はっち at 16:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年04月10日

そんなにあったんだぁ〜。全国で50種以上もある「水道水ボトル」

東京には、東京都水道局が発売元の
「東京水」という、
水道水ボトルがあります
(参照:買ってきました「東京水」(笑))。


関西方面に行った時に、購入はできませんでしたが、
水道水ボトルのポスターをみかけました。
(参照:まだまだあるぞ! ご当地「おいしい水道水」)。


神奈川県には、横浜市の水道水の水源である
道志川から採取した「はまっ子どうし」を使った、
横浜の地ビールもありました
(参照:横浜市オフィシャルウォーターを使っているビールとは?)。


このブログでも、発見次第exclamation(笑)
アップしていこーと思っている水道水ボトルですが、
新聞の記事を見てびっくりしました(@@)。


現在、全国で50種類以上もあるんだそうです。


shimbun.jpg



社団法人・日本水道協会の資料によると、
給水人口10万人以上でボトル入り水道水を
販売する事業体は47箇所。



もともとは、災害備蓄用で作り始めたところが多いとのこと。

それが、水道水の品質向上を訴える手段として
売り始めた事業体が、大都市を中心に増えていったので、
私達も目にすることが多くなったのですね目



その背景には「水道離れを防ぎたい」、
という自治体の意図もあるようです。

年間給水量は徐々に減っているのに加え、
水道管や浄水場の施設は、
今から40年以上前に設置されたものが多く、
大規模更新や改良の時期を迎えており、
耐震化するにも財源確保に
頭を悩ませているという水道局の台所事情あせあせ(飛び散る汗)

それが、この水道水ボトルに託された
役割でもあるのでしょうか。



水道水の安定供給のためにも、
このようなPR方法も必要なのかも知れませんね。




関連記事
posted by はっち at 15:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年04月05日

春のお祝いごとには「桜茶」

塩漬けにした桜の花びらを、
お湯を注いでいただく「桜茶」。


春を感じるお茶★



湯の色が薄っすらとピンク色に染まり、
桜の花がフワっと開きます。

“湯飲みの中にも春が来たぁ〜”って感じです。

還元水のお湯だと、ピンク色も鮮やかにでますねぇ〜かわいい



桜茶は、お湯の中に花が美しく咲き開くため、
「花開く」という縁起の良い語呂合わせもあり、
お祝いの席でいただく飲み物です。

そのため、結納や結婚式などに、
使われることが多いのですヨ。


私が購入してきた桜茶は、このようなビンに入っていました。


桜茶



名称は「桜花漬物」。

原材料名を見ると「八重桜の花」「食塩」「梅酢」で作られいます。


飲む時には、ぬるま湯に5分ほど浸し
塩抜きをしたほうが良いみたいですね。

私はそのまま、湯を注いでしまいましたが、
かなり塩味がキツイです(^^;;)


飲み終わったら桜の花もいただきましょう。

桜餅のような味がしますよ(笑)


また桜茶は特有の成分を持ち、二日酔いをやわらげる効果が
あるともされているのだそうです。

桜の下で宴会中に「桜酒」。

宴会後に「桜茶」をいただくと、
桜づくしで縁起もよさそう(笑)。


節分の時には「福茶」
(参照:豆まき後に「福茶」をいただきました。
をいただきましたが、
桜の季節には「桜茶」で縁起をかついで
“幸福”を呼び込んでみましょう(^^)

【参考サイト】
日本茶の桜特集 桜茶 星茶こよみ4月号★お茶の星陽園




関連記事
タグ: 花見 桜茶
posted by はっち at 19:54 | Comment(2) | TrackBack(2) | 水の種類

2009年04月01日

ジュース類とミネラルウォーターでは内容量の単位は違うの?

トマトジュースの缶を見て子供達が質問をしてきました。

「トマトジュースの内容量って190gって書いてあるけど、
なんでジュースなのに“g”なの?」
 


ええーw(☆o◎)w。


そんなこと、急に言われたって、私も知らないわよ〜(汗) 




どうも、ビンやペットボトルに入っている飲料水は
“○○○ml”となっているのに、
“g”表記になっていたのが、不思議だったらしい・・・。

そー言われてみれば、で気になったので、
またまたネットで調べてみました(^^;;)


飲料の内容量表示については、
「計量法」や「JAS法」で決められた単位で
表記することになっていて、
アルコールを含む飲料は体積
(ml(ミリリットル)やl(リットル))
で、
アルコールを含まない飲料は体積または質量
(g、kg)
と表記するのだとか。


ミネラルウォーターやお茶類のように、
糖類の入っていない飲料の場合は、
内容量は質量(g)表示でも体積(ml(ミリリットル)や
l(リットル))
表示でも
同じ数字になりますが、
ジュースなど糖類が含まれている飲料では、
内容量が質量表示と体積表示では、異なる数字になります。

そのため、製造や流通の過程で加熱する可能性のあるものは、
質量表示にし、冷蔵のままの場合は容積表示にしたほうが、
内容量の管理がしやすいということが、
このような単位の違いとなった
理由の一つと考えられるのだそうです。



どれを表示するかは各社独自で判断ということなので、
管理しやすい方法が、
各社ともほぼ同じ判断基準だったのねと思いました。

これで、子供達も納得してくれるかな・・・・。


【参考サイト】
飲料の内容量の単位なぜ違う? : もの知り百科 : 暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
農林水産消費安全技術センター / 広報誌 大きな目小さな目(食のQ&A)(缶ジュースの内容量表示)



関連記事
posted by はっち at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の種類

2009年03月17日

ミネラルウォーターを凍らせて作った楽器の演奏会

野菜で作った楽器で演奏する楽団を
YouTubeで見て、うわぁ〜凄いexclamation×2 
と感動したことがあったのですが、
(↓コチラ)





なななんとノルウェーでは、
ミネラルウォーターを凍らせて作った楽器での演奏会があった
というニュースを見つけてしまいました(・・)

うわぁ〜あせあせ(飛び散る汗)

さむそー、冷たそうー雪





新年最初の満月の夜に開催されている
「アイス・ミュージック・フェスティバル」という音楽祭で披露されたもので、
氷でできた弦楽器や打楽器、吹奏楽器を大雪原の中で、
プロの音楽家達によって、奏でられたのだとか。



楽器は、氷の状態や気温の変化で刻々と音が変わるため、
その瞬間瞬間に応じた即興演奏。

音楽家が予想もしていない音色が、
生み出されていたといいいます。



楽器はアメリカ人の彫刻家が制作。

演奏中に壊れないように、また、
軽量化を図りつつ強度も保たなければいけないしと、
制作には大変な苦労があったようですね。



ニュースソースには、制作途中の写真もあり、
弦や弦を固定する部分以外の本体は、
まさに氷の彫刻exclamation 

演奏風景もとっても神秘的です。



どんな音色だったのでしょうね。。。。

そして、演奏会が終わると、
楽器は水に戻っていくなんて、もったいない(><)




ところで、ミネラルウォーターは現地調達だったんですよね。。。。

北欧のミネラルウォーターというと氷河などもあるから、
超軟水なのかなあ・・・とも思うのですが。


【参考サイト】
氷でできた楽器を演奏、ノルウェーの山中で「氷の音楽祭」 : AFPBB News
the vegetable orchestra(野菜の楽器)




関連記事
posted by はっち at 09:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水の種類

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。