2009年06月11日

「水出し茶」の次は「氷出し茶」が流行るのか!?

夏になると我が家では
「水出しコーヒー(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/105153631.html)」と
「水出し紅茶(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/106342919.html)」と
「水出しお茶・麦茶(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/87514379.html)」
が、
バシバシ活躍しますexclamation 

水出しお茶・麦茶は季節問わずの定番飲料水となっていますが、
さすがに、夏場の回転は速い(^^;;;)


お湯でなく「水」から入れることのメリットとして、
コーヒーは苦味が押さえられ、まろやかな味わいに。

紅茶はアイスティー特有のクリームダウン(濁ること)も少なく、
紅茶の美味しさもそのまま。

お茶や麦茶もまろやかな味わいなります。

後は、湯を沸かす手間が省けることですかね(笑)



さて、その「水出し」の上をいくお茶の抽出方法を発見サーチ(調べる)

それも「氷だし茶」


溶け出す氷の雫でじっくり抽出するというもので、
水出しよりも濃厚な旨味と甘みがぎっしり詰まった
味わいになるのだとか。

その氷出し専用のポット(細長いサイフォンみたいな形をしています)も発売されています。



作り方を見ると、茶葉を入れた上に氷をのせていき、
溶け出す氷の雫で、ゆっくりとお茶が
下のグラスにたまっていくのです。

抽出時間は約6〜8時間夜


夜寝る前に作っておくと、朝にはいただけますね。

日本茶だけでなく、紅茶やフレーバーティーなどもOKなんだとか。




専用ポットのお値段がちょっと高かったので、
主婦としては、スグに購入できるものではありませんでしたが(^^;;)
これは、ぜひ試してみたいですねプレゼント

まずは、還元水の氷を作る容器の数を、
増やしておいたほうがいいかな(笑)
→本人作る気満々

【参考サイト】
ハリオグラス、溶け出す氷の雫でじっくりお茶を抽出する「氷出し茶ポット」を発売(日経プレスリリース)
水出し茶を超える氷出し茶を自宅で楽しもう:PRONWEB WATCH


posted by はっち at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年05月17日

松の葉っぱでサイダーって?

友達から「松の葉っぱでサイダーが作れるって知った?」
って聞かれました。


松の葉っぱでサイダー???(@@)


地サイダーの中にもそんなのがあるのかな?

そしたら、ほんとうに商品化されている
松葉サイダー( http://www.sfspirits.com/items/cider.html )
もありました。



が、友達が言うには、自分で作る「松葉サイダー」
密かなブームだったらしいのです。



「松葉サイダー」の材料は、水と白砂糖、アカマツの松葉のみ。

この使用する松葉は、梅雨明け頃にでる
「新芽」を使用するのがポイント。

となると、松の葉の収穫は7月頃の短期間となりますね。


アカマツの葉が一番柔らかくて扱いやすいようですが、
クロマツやゴヨウマツでもOKらしいのです。

使う松葉によって味も変わるのかな? 



松葉をすすぎ洗いしたのち、
日なたにださずに水切り。

そして、鍋に水を入れて沸騰させ砂糖水を作り、
その間に洗った松葉をビンいっぱいいっぱいに詰めるダッシュ(走り出すさま)


ビンは透明な一升瓶が一番適しているようですね。

そして人肌以下に冷ました砂糖水をビンに投入。

日当たりのいい場所に2〜5日置いて、
発酵させるそうです。


おお? これって水で作る酵母の作り方
(参照:水で作る手作り酵母を育ててます♪
に通じるものがありますね。



爽やかな松の香りがして、
ほんのり酸味と苦味が出てきたら冷暗所に保存。

飲む時には自分の好みにあわせていただくのだそうですバー


近くに松の木がないけれど、探して作ってみたいな(><)

【参考サイト】
月刊 現代農業2005年8月号 フシギな飲み物 松葉サイダー
posted by はっち at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年05月01日

新茶と普通のお茶違いはどこにあるのか!

「新茶」というと思い出すのが、
「茶摘み」の歌の
“夏も近づく八十八夜〜"
というフレーズるんるん


八十八夜は、だいたい5月2日頃になり、
立春から数えて88日目にあたります。

この頃から、安定した気候になり、
茶摘みなどの農作業の目安にされてきていたそうです。

また、「遅霜」が降ることもあり、
農作物に思わぬ被害が及ぶこともあるので、
警戒日でもあるようですね。



さて、この頃に摘みとられるお茶は「新茶」の時期でもあります。

新茶(一番茶)は5月〜6月に茶摘みをし、
店頭で並ぶのは7月頃まで。

お茶の新芽には、一冬越して蓄えられた成分が
いっぱい含まれており、中でも、うまみのもとである
テアニンなどの成分を豊富に含んでいます。


テアニンは、興奮を鎮め緊張をやわらげる
リラクセーション作用が得られやすいのだとか。

玉露や抹茶など高級な緑茶ほど含有量が多いということは、
これらの新茶はもっとも働きが強いのかもしれませんね(^^)b


また、八十八夜に摘み取られるお茶は、
古来よりぴかぴか(新しい)不老長寿の縁起物ぴかぴか(新しい)と言われています。

そういえば、新茶のほうが、みずみずしく香り高いですよねかわいい


一方、普通のお茶は、夏を超える前に乾燥加工をするため、
水分が減り保存性が良くなります。

そのため、新茶のような新鮮な香りがなくなり、
香ばしさが増すのだそうです。

新茶の若々しいスッキリとした味わいと違い、
深い味わいを持つのは、普通のお茶のほうなのかも知れませんね。

【参考サイト】
お茶のQ&A - おづづみ園
八十八夜の豆知識
テアニン



posted by はっち at 13:39 | Comment(4) | TrackBack(2) | お水で美味しく

2009年02月22日

気分転換に自家製「スパークリング・コーヒー」はいかが?

なつかしの?スパークリングコーヒー




これは、自家製「スパークリング・コーヒー」です。

旦那様との昔話から、レシピをみつけて自分で作ってみました(^^)



その昔、某コーヒーメーカーから「カフェラシャワー」という
炭酸入りコーヒー飲料が発売されていたことがありました。

これは、コーヒー&コーラという組み合わせの炭酸飲料で、
旦那様がかなり気に入って、箱買いまでしていたのです。

しかし、日本人の味覚にあわなかったのか、
ほどなくして店頭からも消え去り〜バッド(下向き矢印)



そんな昔話をしていた時に、
また飲んでみたいなあとなったのです。

既製品で同類のものがないかと探してみたのですが、
どうも、別な某コーヒーメーカーから
「スパークリング・カフェ」という名称で、
商品が発売されていたようですが、
みかけたことがナイということは、
こちらも、ほどなくして姿を消したのでしょうか(^^;;)




そして、見つけたのがコーヒー豆専門店のサイトの
「スパークリング・コーヒーの作り方」。

旦那様にせがまれ、水出しアイスコーヒー
(参照:水出しコーヒーでアイスコーヒーを作ってみました
から、作ることに。



この時に、濃いめにアイスコーヒーを、
作ったほうがいいみたいですよ。

そして、我が家では炭酸水を使いましたが、
サイトでは天然炭酸入りのミネラルウォーターを使っていました。

これは、スッキリして美味しい(^^)

旦那様も満足してくれたようですハートたち(複数ハート)


が、今度、コーラを入れて見ると言ってました(^^;;)
あくまでこだわるか、あの味・・・・・


気分転換にお試しくだされ〜。

【参考サイト】
無農薬・有機栽培コーヒー豆の専門店 生豆屋


関連記事
posted by はっち at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年02月21日

乾燥パン粉が霧吹きで「生パン粉」に変身!サックリとんかつをつくってみる

夕飯のおかずのメインを何にしよぉ〜レストラン

フラフラとネットでネタ探しの旅ダッシュ(走り出すさま)

そして、スーパーのチラシとにらめっこし、
決まったのは「とんかつ」



夕飯はとんかつで!




そういえば、最近作っていませんでした(^^;;)



さて、今回は、ある裏技を使って、
サックリとんかつ作りに挑戦パンチ


そのお助けグッズは「霧吹き」です。

以前、100円ショップで購入していた、
化粧品用の霧吹き。

使っていなかったので、
よーく水洗い
(もち、強酸性水(強酸性電解水)で洗浄除菌もしましたよ)。



これに、還元水をいれてスタンバイ完了exclamation 

そして、用意しておいた「乾燥パン粉」に、シュッシュダッシュ(走り出すさま)

と水分を与えてあげるのです(^^)b



パン粉にシュッシュ=3




この時にまんべんなく、
パン粉に水分がいきわたるようにするのがポイントひらめき

水分を吸収させるのに、
なんどもシュシュシュッシュしましたよ。

なかなか、手強いですヨ乾燥パン粉たらーっ(汗)


シュっとかけては、容器を回し、
まんべんなく水分がいきわたったら、
水分を浸透させるのに、10分ほど放置時計

ほどよい加減の「生パン粉」に変身しました(^^)



たしかに、できあがり具合が違いましたexclamation 

サックっと軽い歯触りでいいですねキスマーク


生パン粉は日持ちがしませんが、
乾燥パン粉なら日持ちするし便利なんですよねかわいい

これを覚えておけば、必要な時にすぐに
「生パン粉」ができていいですよね(^^)



【参考サイト】
トンカツやエビフライを作るには、パン粉が決め手!


関連記事
posted by はっち at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。