2009年01月31日

土鍋のお手入れに大活躍する「お粥」

友達が土鍋を新しく購入しました。

夫婦2人だけだからごはんも少量でいいし、
それに土鍋でごはんを炊くと、
ふっくらと美味しいごはんが炊けるというのが、
新しく購入した理由ですレストラン


もちろん、これはご飯炊き用で、
鍋もの用の土鍋は別にあるとのこと。 

冬場は両方使いますからね(^^)



さて、土鍋を使う前に「お粥」を炊くと、
ヒビや臭い移りを防ぐくことができます。

その時は、糊状になるまでの
超トロトロっとしたお粥にするのだとか。


そして、なんと土鍋にヒビが入った場合も同じように
「お粥」を炊いて修復をするのですよ(^^)b 

お粥が糊状になってヒビに入り込み、
ヒビをふさいでくれるのです。



その手順とは、

1鍋に冷やご飯をお茶碗1杯分と水を7〜8分目まで入れて、
 蓋をあけたまま、ごく弱火でコトコト。

2沸騰してきたら塩を1つまみ入れて混ぜ、
 弱火のまま2時間弱お粥を煮込む

3火からおろして、そのまま一晩放置

4翌日、中身を捨てて(うっ(^^;;;)もったいなかも・・・)
 柔らかいスポンジで水洗いをし、水気をとって自然乾燥


長期間収納した時も同じような手順で、
お粥を炊くとよいのだそうですよ。



そうそう、もう一つ重要なことexclamation

土鍋は洗剤で洗っちゃダメexclamation ですからね(^^)b
(参照:土鍋は洗剤で洗っちゃダメ!)。

そうだひらめき 友達にも教えてあげよぉ〜〜。

【参考サイト】
土鍋ごはん.COM:土鍋のお手入れ
日本の鍋料理/土鍋の手入れと使い方



関連記事


タグ:土鍋 お粥
posted by はっち at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年01月29日

「もやし」の保存に「水」を使うのはダメ?

「もやし」ってとっても便利な野菜ですよね〜。

安くて量も多くて、栄養もあってかわいい


あんな、色白でひょろりぃ〜としているのに、
ビタミンCやカリウムを多く含んでいるのだそうですよ。

「もやし」って、かなりパワーのある野菜なんですね(^^)b




さて、「もやし」の保存方法ってどうやっていますか?


私の場合、使い切れなかった「もやし」は、
密閉容器に還元水をはって、
「もやし」を水保存をしていました。

このほうが、長持ちするというし、
シャキシャキ感も損ないませんからね。



ところが、この水保存方法。

「もやし」の栄養価が損なわれてしまうので、
NGというのをテレビでやっていたのです(××)




ええ〜と思って調べてみたら、
なんと、長い時間水の中にさらしていると、
もやしに含まれているビタミンCが水に溶け出してしまい、
栄養価が損なわれてしまうのだそうですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

すぐに調理する場合、短時間水にさらしておくのは、
問題ないみたいですよ。



ベストなのは、ポリ袋やジッパー付きの真空になる袋に入れて、
中を真空状態にして野菜室でなく「冷蔵室」で保存。

調理中に残ってしまった「もやし」は、
軽くサッと茹でてから水気を良く切り、
密閉容器に入れておくのだそうです。



「もやし」は鮮度がとても早く落ちてしまうので、
基本的に買ってきたその日に使い切るようにして、
残った場合は2日前後以内に使い切るのがよいのだとか。




水保存があたりまえと思っていたので、
ちょっと意外でした。(^^;;;)

【参考サイト】
もやし(モヤシ)の保存方法と栄養成分その他【食の知恵袋】



関連記事
posted by はっち at 10:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年01月25日

お湯とポテトのお菓子でマッシュポテトができる!?

昨日のおかずのもう一品「マッシュポテト」


マッシュポテトの正体は?




このマッシュポテトの作り方、
教えてくれたのは子供達です(*^^*)。


それも、ポテトのお菓子「じゃがりこ(サラダ味)」
持ってきて


「ねえ、これにお湯入れてみて」。。。。
( ̄▽ ̄;)ハイ??



それは、そのまま食べるものでしょう、
お湯いれたらマズくなっちゃうよexclamation×2


でも、子供達は、いいからいいから、やってみてよるんるん 
とニコニコしています。



とりあえず、言われるままに、ポットのお湯を
お菓子の入っているカップに注いでみましたダッシュ(走り出すさま)

湯量はカップの半分強くらい。

そして、蓋をして3分ほど待ちます。

カップ麺を作っているような感じですね。

そしてふたをあけるとこんな感じ。



どうなの?これ・・・




スプーンで混ぜると。。。。おやおやおやexclamation×2 


お菓子が「おかず」に大変身exclamation 


たしかに、これは「マッシュポテト」です(笑) 


ほんのりと味がついているので
(ほんのちょっと化学調味料っぽい味もしますが)、
このまま食べてもけっこう美味しい。

これに野菜やコーンやツナ缶などを加えて、
マヨネーズで混ぜたら「ポテトサラダ」にもなりますね(笑)



まあまあ(・・)と感動している横で、

ほら便利でしょ( ̄∀ ̄)にまぁ〜、と笑う子供達。



どうも、ネットで見つけた情報らしいのです(^^;;;)




もちろん、夕飯のおかずとして食卓へレストラン

ーつで家族分のマッシュポテトができました。

旦那さんは、元がお菓子であることに気づきもせず、
「美味しいるんるん といって食べてくれましたヨ。



【参考サイト】
じゃがりこを暴け!



関連記事
posted by はっち at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年01月23日

水で作る手作り酵母を育ててます♪

「酵母」というと、
パンとか、ビール、ワイン、日本酒、味噌、醤油

といった食品に使われているよね〜っていう認識くらいで、
あらためて考えるとよくわかっていない自分(^^;;)


「酵母」を調べてみたら、
「食物を醗酵させ、人間にとって役立つものを作り出す微生物で、
古くからの食生活に密着した、安全・安心な食品素材」

とありました。




なるほどぉ〜と納得するも、
酵母なんて、ちょっと遠い存在
だと思っていたのですが、
なんと、「水」から自分で育てることができるというのです。

それも、身近な材料でOK



ならばと、早速、酵母を育てる準備にとりかかりましたexclamation



用意したのは「りんご」、

りんごから酵母?


塩素を濾過した「水」
(我が家ではレベラックの浄水で生成した水を使用しました)、

密閉できるビン。



りんごは皮ごと使うので、強還元水と還元水で
汚れをしっかり落として、
ビンは強酸性水(強酸性電解水)で消毒ダッシュ(走り出すさま)


櫛形に切って入れ、ビンいっぱいいっぱいに水を入れて、
冷蔵庫で1週間ほど保存後、常温で酵母を育てていきます。




ビンやりんごの表面に泡がたちはじめたら、
酵母が育っている証拠なんだとかひらめき

ちょっとシュワシュワしはじまった時に、
蓋をあけてみました目


シュワシュワ・・・・・おいしそうだけど我慢。



りんごの甘酸っぱい香りがとても爽やか(^^)

今は、常温でシュワシュワがピークになるのを
待っているところでするんるん


料理にも使えるし、とっても楽しみにしています。

水から自分で酵母を育てることができるなんて、
なんかうれしいですね(^^)

【参考サイト】
Yahoo! JAPAN アースプロジェクト - Yahoo! JAPAN 酵母を育ててみよう
cobo-net 野生酵母の育て方
酵母/酵母エキスに関する基礎知識:JT調味料事業


関連記事
posted by はっち at 14:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2009年01月22日

季節によって紅茶にも旬があるの?

野菜や果物も「旬」があるならば、
お茶っ葉にだって「旬」というのがあるはずexclamation 


緑茶の旬というと「5月上旬」頃。

新茶として出回るので馴染みもありますが、
紅茶の「旬」って、紅茶好きな方以外には、
馴染みも薄いですね。



実は、私も友達から教えてもらうまで、
紅茶の茶葉にも「旬」があるって知りませんでした(^^;;)



紅茶の旬は「クオリティシーズン」といいます。


この時期に摘まれる茶葉が最も良質で
特徴的な茶葉が摘まれる時期を指しているのだとか。



1月〜3月頃に旬となる茶葉は、
「ニルギリ(インド)」「ディンブラ(スリランカ)」
「ヌワラエリア(スリランカ)」「ケニア(東アフリカ)」。



ニルギリはミルクティーやフルーツを盛ったり、
アイスクリームやブランディーなどをいれたりする
バリエーションティーに。

水出し紅茶を作る時には、
この茶葉もおすすめなんだとか。


ヌワラエリア
はストレート。


ディンブラはクリームダウンしにくいので、
アイスティーやバリエーションティーに。


ケニアはミルクティーが一番おすすめかわいい



また、インド茶の収穫期には
「ファーストフラッシュ(春摘み)」
「セカンドフラッシュ(夏摘み)」
「オータムナル(秋摘み)」
というのがあります。

ダージリンは「ファーストフラッシュ(春摘み)」のものが
香りも高く日本では人気があるようですが、
「セカンドフラッシュ(夏摘み)」の方が
ぴかぴか(新しい)上級品ぴかぴか(新しい)とされているのだとか。



うーん、紅茶も奥が深いですね〜。


【参考サイト】
トワイニング紅茶 Twinings Tea Time|紅茶の知識|クオリティシーズンって?
☆ニルギリ (Nilgiri)
☆ヌワラエリヤ (Nuwara Elliya)
☆ディンブラ (Dimbula)
☆ケニヤ (Kenya)
☆ダージリン (Darjeeling)



関連記事
posted by はっち at 11:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | お水で美味しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。