2008年05月12日

ボトルデザインも人気なアルカリ天然水「ひょうたんから水」

ひょうたんから水


なんといってもボトルの形状でまず目をひく
「ひょうたんから水」。

ラベルもカラフルで、フルシーズンバージョンで20種類
それ以外にも
春・夏・秋・冬バージョン4タイプ(各10種類ほど)
クリスマスバージョンクリスマスがあるというのですから、
柄を全部揃えたいというマニア心をそそられますね(^^;;;)。


前にもちょろっとご紹介したことがあるこのお水ですが
(参照:ミネラルウォーターの専門店で見つけたおしゃれな水ボトル)、
この時に直接購入するには、ネットか専門店ぐらいでしか
ルートがなかったのですが、なんとなんと、
近所のスーパーやコンビニでも見かけるようになったので、
以前よりも手にしやすくなったように思えますコンビニ


さて、このミネラルウォーターは
奈良県吉野郡天川村山麓の鍾乳洞から湧き出ている水で、
環境省の「日本名水百選」、国交省の「水の郷34選」、
奈良県の「やまとの水」などに選ばれた名水「ごろごろ水」
使用しているのです。

地中の水路を流れる水がゴロゴロと音をたてて流れる事から、
“ごろごろ水”と命名されたとか。

とても豊かな自然の中から生まれた名水だったんですね。


さて、この水の特徴はpH8.2という「アルカリ天然水」。

私の感想では同pH値くらいの還元水と比べると
「ちょっと水が硬いかな目と思いました。


冷やして飲むとスッキリとした味わい揺れるハート

常温だと少しペットボトルの味うつりがが残念でしたが、
これもアルカリ性の水だからなんでしょうか(^^;;;)

なので、冷やして飲むのをお勧めします。


そして、お酒のお供のお水にはいいかなと思います。

ウイスキーの水割にあいそうな感じがしましたよひらめき


私は、ボトリングされる前の水を
ぜひ飲んでみたいなあと思いました。


機会があったら、採水地を訪れたいです(^^)


◎ひょうたんから水
名称:ナチュラルミネラルウォーター
原材料名:水(鉱泉水)
採水地:奈良県吉野郡天川村大峰山洞川
※ごろごろ水「環境省指定名水百選」
成分(100mlあたり) エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物:0、ナトリウム:0.24mg、カルシウム:3.38mg、マグネシウム:
0.12mg、カリウム:0.05mg 硬度:89.5mg/L  pH8.2



【参考サイト】
キンキ・パートナーズ株式会社
環境省選定名水百選・洞川湧水群(どろがわゆうすいぐん)



関連記事


posted by はっち at 15:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 好んで飲んでるお水達

2008年04月30日

きれいなブルーのボトルの天然微炭酸水「aWa心水」

ブルーのボトルが綺麗♪


ブルーのボトルがかわいいので、前から目をつけていた
「aWa心水(しんすい)」を近所のスーパーで見つけたので
購入してきました。

そういえば、我が近所のスーパー、
のきなみミネラルウォーター棚、大強化って感じで、
充実してきたんですよかわいい

ちょっと珍しいミネラルウォーターも見かけるようになりました。


さて、日本産の炭酸水というと、西日本側の地域が有名ですが、
このお水は東北産です。

この「aWa心水(しんすい)」の故郷は、
福島県の奥会津の袖山になります。

ここから湧き出る天然の炭酸ガスを含有する冷鉱泉で、
泉質は単純二酸化炭素冷鉱泉というれっきとした温泉水ですいい気分(温泉)


源泉名は「奥会津天然炭酸胃健冷鉱泉」というから、
この名前からしても胃腸にききそうな感じがしますね。

その冷鉱泉を加熱処理せずに特殊濾過殺菌した水がなんだとか。

水の名の通り、飲んだ時に口の中ではじける炭酸が、
とても細かくて柔らかいのですぴかぴか(新しい)

とても優しい泡に口の中が包まれている感じがします。


軟水とはいえ硬度は118あり、日本産のミネラルウォーターが
ほとんど硬度100以下が多かったりする中では、
ちょっと軟水でも高めなほうかもしれませんね。

それと、 pH値が5.0というと弱酸性です。

pH値6〜7くらいがほとんどなので、これもちょっと珍しのかな。


冷蔵庫で冷やして飲んだほうが美味しいです(^^)

私はそのままと赤ワインに入れて飲んでみました。

ヨーロッパ産の天然炭酸水よりもクセがなくて
飲みやすいと思います揺れるハート


◎aWa心水(しんすい)
名称:ミネラルウォーター(天然炭酸ガス含有) 原材料名:鉱泉水 採水地:福島県大沼郡金山町
成分(100mlあたり) エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物:0、ナトリウム:3mg、カルシウム:2.6mg、マグネシウム: 1.3mg、カリウム:0.5mg 硬度:118mg/L  pH5.0


【参考サイト】
会津心水株式会社
posted by はっち at 19:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 好んで飲んでるお水達

2008年04月15日

手軽にハーブ水が楽しめるミネラルウォーター

手作り?!ハーブウォーター


コンビニコンビニのミネラルウォーターの棚に、
ハーブ付きのボトルが置いてありました。

「国産天然水plusハーブ」
ピンクのラベルにハーブのティーパック付き。

とっても、おもしろそうだったし、
物珍しさも手伝って3本も買ってきてしまいました(^^;;)


このティーパックをボトルに入れて、約3分ほどすると、
天然水にハーブがとけだして、
お手軽ハーブ水が出来上がるのです揺れるハート


ブレンドされたハーブが入ってます


ブルーハーブと書かれたラベルには
ペパーミント・ラベンダー・オレンジフラワー・
マローブルー・オレンジピール
)。

レッドハーブと書かれたレベルには
ジャスミンフラワー・ハイビスカス・ローズヒップ・
オレンジピール
)。

イエローハーブと書かれたラベルには
レモングラス・カモミール・ラベンダー・
レモンピール

のブレンドされたハーブが付いています。


ラベルにあったURLをたどっていくと、
このハーブ水は大自然生活館で製造されている
「微香水」という種類のようですね。

ブレンドされたハーブによって、作用も異なり、
イエローラベル『リラックスしたい時に』
ブルーラベル『集中力を高めたい時に』
レッドラベル『体に潤いを与えたい時に』飲むのが良いみたいですね。


また、裏ラベルを見ると、
天然水は「秩父源流水」とあります。

さっそくネットでその水を調べてみると、
埼玉県の西部に位置する長野県、山梨県、
東京都の県境にあたる奥秩父大滝。

荒川源流の地になるんだとか。

硬度は46度の軟水。

pH値は7.9の弱アルカリ性。


ハーブティーというと、入れるのに面倒だなあ、
ブレンドも面倒だなあ、お湯を沸かすのも面倒だな
なんて思っていたので、
こんなに手軽に飲めるなんてと感激(^^)/


しっかりとハーブの味が水に溶け出してくれるので、
お湯で入れたのとかわりありませんでしたよ。


【参考サイト】
北軽井沢ハーブ工房・大自然生活館 微香水
秩父源流水 ミネラルウォーター



関連記事
posted by はっち at 10:28 | Comment(4) | TrackBack(1) | 好んで飲んでるお水達

2008年04月07日

スポーツ時におすすめのミネラルウォーター「サンティヨール」

温泉の香りがする?サンティヨール


コンビニコンビニで目にした「スポーツのための水バスケットボール」。

スポーツドリンクというわけではなく、
れっきとしたミネラルウォーター

それも天然微炭酸系です。


まずは、一口コクリ。。。。。
しょっぱい。。。。。。(・・) 

そしてちょっとフルーティーかわいい

スポーツドリンクの甘さを抜いた
(もしくは、ものすごーく薄めた)ような感じの味わいなのです。


軽いシュワシュワ感が、のどこしに爽やかるんるん 

さらに、飲んでる時に超ほのかに温泉いい気分(温泉)の香りが(笑)。

ミネラルウォーターでこんなに塩気を感じるのは、
はじめてでした。

ということは、この塩気に
スポーツミネラルウォーターとしての秘密がありそうですね?
(ーー)ふふふふ。


成分表示を見ると、ナトリウムとカリウムの含有量が、
他のミネラルウォーターよりも、かなり高いですね。

同じくらいの硬度のミネラルウォーターのナトリウムが
0.4〜0.7mg、高くても6.9mgですから、約25倍〜100倍以上にも。

塩気を感じたのは、このナトリウムが多く含まれていたからかな。


カリウムについて同硬度の含有量が0.5mg前後だし、
超硬水でも8mgというのがありますが、
13.2mgは超硬水よりも多く含まれているようですね。

そして、重炭酸塩の含有量も436.8mgと高いのが特徴です。

この重炭酸塩というのが、運動時の疲労の原因となる
「乳酸」の発生を軽減させるので、
疲労回復にも効果があるのだとか。



カリウムには筋肉や心筋の活動を正常に保つ、
ナトリウムには体液の濃度の調整、
血圧の維持、神経伝達、筋肉の収縮を行う、
といった働きを持つので、
スポーツミネラルウォーターの名称がついているんですね。


私はスポーツドリンクの甘さが苦手だったので、
スポーツの後には、このようなスポーツ用ミネラルウォーターを
利用していこうかなと思います(^^)


◎サンティヨール St-Yorre
名称:ナチュラルミネラルウォーター  原材料名:水(鉱泉水) 採水地:フランス サンティヨール
成分(100mlあたり) エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物:0、ナトリウム:170.8mg、カルシウム:9.0mg、マグネシウム:
1.1mg、カリウム:13.2mg 、重炭酸塩436.8mg、サルフェート17.4mg
硬度:270mg/L



【参考サイト】
大塚ベバレジ:サンティヨール St-Yorre
ナトリウムの効能
カリウムの効能
posted by はっち at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好んで飲んでるお水達

2008年03月15日

養命酒の仕込み水「養命水」がミネラルウォーターとして登場!

養命酒の素?


「えっ? あの養命酒の仕込み水なの?」。

ボトルを手にしてまず目についたのが、
パッケージ下側に書いてあった丸囲みの文字目


滋養強壮、冷え症予防にと馴染みのある「養命酒」。

私も体調が絶不調の時には、
たいへんお世話になりました(^^;;;)。

あまりも甘すぎるので水で割って飲んでましたが。


その仕込み水が、単体でミネラルウォーターとして
発売されたんですね。

駒ヶ根高原にある「空木岳(うつぎだけ)」山麓の
地下150mの水脈から汲み上げた天然水で、
一切空気に触れることなく非加熱のまま
ミクロフィルターによるろ過で除菌し
ボトリングされた水なんだそうです。

超軟水系に属する水は、たしかに飲みやすいですね揺れるハート


そういえば、長野県の山間部には超軟水系の天然水が
多いように思います。

地形が急である地域が軟水になりやすい条件にあてはまるので、
山岳部はもっと傾斜がキツイので
超軟水が生まれやすいんでしょうね。

氷河の水も超軟水になりやすい傾向にあるところをみると
(参照:氷河の水って超軟水になりやすいの?)、
共通性があるようにも思います。


さて、この養命水、『日本茶インストラクター協会』から、
特に高級茶に合う水として推奨されているほど
緑茶との相性が良いんだとか。

どこ産の茶葉と一番相性がいいのか、ちょっと気になります(^^)


◎養命水
品名:ナチュラルミネラルウォーター  原材料名:水(鉱水) 採水地:長野県駒ヶ根市駒ヶ根高原
成分(100mlあたり) エネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物:0、ナトリウム:0.54mg、カルシウム:0.48mg、マグネシウム:
0.10mg、カリウム:0.06mg
硬度:約16mg/L pH値 6.8



【参考サイト】
養命水

posted by はっち at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 好んで飲んでるお水達

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。