2008年01月03日

還元水の蒸気でキャベツのうま味凝縮!ロールキャベツ

おせち料理やお餅にそろそろ飽きた頃に作る
我が家の冬の定番料理。

それは『ロールキャベツ入りクリームシチュー揺れるハートです。

日頃は手抜き料理も多い(汗)私ですが、
ちょっとこれだけは気合い入れてます。

ロールキャベツはなんといっても「キャベツが命exclamation」。


が、雑な扱いの私はキャベツを茹ですぎで
クタクタにしてしまったことも数多し(^^;;)

どうしても鍋に入れると煮込んでしまうクセがあるようです。

試行錯誤の結果、蒸し器を使ってキャベツを
茹でるようにしたのです(目安は約2分時計)。

これにしてから、茹ですぎ状態から解放されました手(チョキ)


さて、その時に使用する「水」。

シューマイを作った時には
還元水VS酸性水。蒸し物にはどっちの水が最適?
若干、酸性水に軍配があがりましたが、
今回も還元水VS酸性水で試してみたら、
圧倒的に還元水の勝利でした(笑) 


見た目は変わらないのですが、酸性水では
キャベツがちょっと苦くなってしまったんですよ(^^;;)

還元水ではキャベツのうま味や甘みが増したかな。


小麦粉類と酸性水は相性が良いみたいですが、
やっぱり野菜の美味しさを引き立たせてくれるのは、
還元水のほうですね。


続いて、ロールキャベツは崩れないように
「かんぴょう」で巻いて
(かんぴょうは塩をつけながら還元水でよく洗います。
水に戻さずそのまま使用します)、
還元水を使ったコンソメスープで煮込みます。

シチューも野菜タップリめにして還元水でクツクツ煮込みます。

食べるちょっと前に、コンソメスープから
ロールキャベツを出してシチューの中へ。

軽く温めたら出来上がりでするんるん

トロトロであったまります♪




蒸す時の水もスープもシチューも煮込みに使う還元水は
pH9.5を使用しています。

野菜のうま味を存分に引き出してくれるしで、
とっても美味(^^)。

還元水で煮込むと野菜が溶けるのがちょっと早いので、
野菜がコロコロとしていた方が好きな方は、
ちょっと大きめ切って煮込んでくださいね。


【参考サイト】
ロールキャベツ、料理の基本
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


2007年12月29日

ふんわり柔らか〜。セーターを酸性水で洗濯

いきなり真冬みたいな天気になったり(××) 
昼間が秋みたいなポカポカ陽気だったりと、

とても今年の天気にはついていけません(××) 

体も追いつかない。。。


さて、寒くなると恋しくなる「セーター」るんるん  

あのほわっと温かい感触が幸せになりますよねハートたち(複数ハート)


しかし、洗濯がちょっとたいへん(><) 

ついつい、面倒で他の洗濯物と一緒に洗ってしまって、
ダメにしたセーターもいくつかあります。


そこで再度おさらい。

セーターの洗い方。

1洗濯用の洗面器などに、30度前後のぬるま湯を入れ、洗剤をいれてしっかりと溶かします。
洗濯用水として酸性水を温めて使用。

ウール・おしゃれ着洗い専用の中性洗剤(pH値6.0)を
強還元水で溶かして使用しました(この時のpH値も6.0)。

液体洗剤を強還元水で溶かすとよく洗剤がなじみ
汚れ落ちが良いので、私が洗濯をする時には
よく利用するパターンです。

その時は洗剤は少なめにしたほうがよいみたいですよ。

その液体を温めた酸性水に入れるとpH値は5.0。

酸性の洗濯用水が出来上がり。


2セーターをたたんでゆっくりと入れて、上から優しく押し洗い。
この時にもみ洗いをしてはいけませんよ。

また、長時間漬け置きするのも厳禁どんっ(衝撃)

5分以内を目安に。


3すすぎもぬるま湯を使って。

洗う時と同じように押し洗いで洗剤をとっていきます。

私はすすぐ前に、洗濯ネットに入れて洗濯機で
30秒くらい脱水します。

そのほうがすすぎに使う湯も節約できるのです(^^)v。

すすぎに使う湯も、もちろん酸性水。

柔軟の効果があるので、セーターにはぴったりです手(チョキ)

私は柔軟剤の香りが好きなので、ほんのちょっとだけ入れます。


4すすぎ終わったら、洗濯機で30秒くらい脱水(私はこちらを使用)。
もしくはバスタオルを用意して
その上にセーターを置きくるんで水分を吸収させます。

バスタオルに挟んで軽く押しながら水分をとる方法もあります。


5平らなところに平干しします。

吊して干すのは型くずれするので、避けた方がいいですね。

我が家では折りたたみテーブルを出して、
その上にバスタオルを敷いて乾かします。


洗いもすすぎも酸性水を使ったら、
とてもふわっと仕上がったんですよ(^^)

ゴワゴワ感がなかったのがうれしいです晴れ


自然素材の衣類洗濯と、相性がいいんじゃないかなと感じました。

オール酸性水での洗濯というのがよかったのかな?

酸性水を使ってるとはいえ、洗い方を間違っていては
縮みの原因になるので、それだけは気をつけてくださいねexclamation


【参考サイト】
第92回:セーターの洗濯のコツ/暮らしのワンポイント/収納・インテリアドットコム
ウールのセーターの洗い方
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現

2007年12月21日

ノロウイルスを防げ! 強酸性水で食材を洗浄

11月〜2月にかけて特に警戒が必要な
ノロウイルス。

我が家では帰宅後の手洗いやうがいを
強酸性水でしっかり行って予防しています。

ノロウイルスだけでなくインフルエンザの予防にも
有効なので、冬場は特にしっかりと行う習慣をつけるのは
とてもいいことだと思います(^^)


さて、もう一つノロウイルス予防におこない始めたのは、
強酸性水で食材を洗浄すること(^^)b 

ノロウイルスは手指や食品を介して経口感染するのが
一番多いわけですから、食材をしっかり洗浄することを
おざなりにしては、予防もしていても、
まだまだ半分かなとも思うのです。


食品からの感染を予防するには、

(1)生鮮食料品を扱うときはしっかりと洗浄すること。

(2)加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱をするように。


この2つはなによりも重要になっていきます。


もちろん、調理器具や食器の洗浄・殺菌
(特にまな板は念入りに洗うこと!)も
十分に行わないといけないですよねパンチ



さて、強酸性水と食品・食材は、
一番つながりがなさそうに思えるのですが
(実際に調理用の水として使うことはないですからね)、
食材の洗浄殺菌に利用することで、
調理への安全性も高くなるのです。

と、頭ではわかっているものの(^^;;)、
あの独特な消毒液っぽいニオイがどうしても
食材を洗うというのにつながらなかったのですあせあせ(飛び散る汗)

ニオイに対するイメージで漂白剤が
連想されてしまうのでしょうね。


し・か・し、強酸性水は「水」で作られているのですよ(^^)b

消毒液っぽいニオイはしますが「水」なんです。

ということは、口にする食材の洗浄殺菌には
一番有効じゃないですかるんるん


さて、その洗浄方法ですが、
生成しながら流し洗浄をするのがベストかわいい

強酸性水は効果のある有効塩素が
短時間でなくなってしまうため、
その有効性をもっとも高めるにはこの方法が一番なんです。

水をためて漬け洗いをする場合は、
強酸性水を足しながら行うことで、
効果を持続させることができますよ。

鮮魚なども強酸性水で洗浄してから調理すると
安心感いっぱいです(^^)


我が家ではこの冬、もっとも強酸性水が活躍しそうですexclamation×2

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現

2007年12月19日

グロセロリン酸カルシウムを使ってみました

少し前のことですが、説明書をパラパラと見ていた時に、
まだ使ったことのないものがあることに気がつきました。

それは付属品の「グロセロリン酸カルシウム」

これを使うことによって、還元水のカルシウム濃度が上がり、
pH濃度も上がるグッド(上向き矢印)というもの。

電気分解の効率を上げる「促進剤的な役割手(グー)」のようです。


水質にもよりますが、ある程度、炭酸ガスの含有量が多い
井戸水を原水として利用しているところなどでは、
pH値が酸性よりの場合もあり、還元水のpH値が
上がりにくい原因にもなるんだそうです。


そのような水で還元水を生成する時には、
この「グロセロリン酸カルシウム」が活躍するんだとか。


たしかに、どの家庭も全く同じ条件の水を
使っているわけではないので、それぞれに酸性より
アルカリ性よりの水質ってあるんだろうなあと思います。

そうなった時にせっかくの機能が発揮できないままでは、
もったいないですよね。


そういった水の性質の違いによってサポートする機能が
ついているのってありがたいですね(^^)


さて、ようはpH値をあげてくれる促進剤ならば、
この時まだクリーニング前でちょっとお疲れ気味だった、
我が家のレベラックにも効果はあるのかexclamation&question

というわけで、お試しで投入してみましたるんるん


本体上部に「カルシウム投入口」という、
電解促進剤投入口より小さめのキャップがついている箇所が
あります。

キャップを開けて中の筒を取り出し、
その筒の八分目のところまで
「グロセロリン酸カルシウム」を入れて、戻します。


後は、いつものように使えばOK


いちおう、投入前にいつも使っているpH9.0を
試験液セットでチェックexclamation目 

ムムムム(ーー) 

なんか濃度が落ちているっぽい。



試験液の色がどちらかといえば、8.0に近いみたいですね。

そして、グロセロリン酸カルシウムを投入後にも
チェックしてみると・・・・・・。


おおお〜。

なんか試験液の色が、pH9.0にもどってきていますね。

それなりに、効果有りexclamation×2

でも、やっぱりちゃんとクリーニングしないと、
いけないモードだったみたいです(ーー)。


ちなみに、グロセロリン酸カルシウムを継続して
使用している場合は、衛生上、週に1度は必ず
添加筒を取り出して、水洗いすることが大切。

入れっぱなしだとカルシウムなので、
固まってしまうんですよ。

せっかくの促進効果が発揮されなくては
もったいないですからね(^^)


【参考サイト】
エナジック説明書

2007年12月14日

ソースのボトルごと還元水につけるとおいしくなるらしい。。。

以前、ソースに還元水をいれると旨味が増すってホント?
実験をしてみたソースin還元水


水っぽさが先にたってしまいましたが、
見事に味も香りもまろやかなソースに変身exclamation

しかひソースの中に還元水を入れるので、
何日も保存しておくのには無理なので、
やるときには、使うきり量で利用しています。



この間、レベラックを使っている人から

「マヨネーズを容器ごと還元水に漬けておくと美味しくなるわよ。試してみてるんるん
という話しを聞いたんですよ。


え(@@)容器ごとですか?

そういえば還元水をペットボトルに入れた時、
中の水素が容器から少しずつ外へ溶け出してしまって
味が変わってしまうことがありましたね。

ようはその逆パターンというわけなんでしょうか? 


ということで、閃いたのが

「ソースを容器ごと還元水につければ、
同じ様な結果になるのでは? 
これなら水っぽくならないかも( ̄∀ ̄)」 



早速、空いていたペットボトルにソースを入れて、
還元水を入れたミニジョッキにポチャ。。。。

入れてすぐに味に変化があるとは思えなかったので、
毎日還元水を替えながら、4日間ねかせてみました(^^;;;)

なぜ、このくらいの期間にしたかというと、
水をペットボトルに保存した時にだいたい3日目くらいから
ちょっと味が変わってきたからです。

ちなみに使用した還元水はpH9.5です。



そして、結果!!!


香りはツンとしたソース特有の甘酸っぱさがありましたが、
およよよ? ちょっと色が薄くなっているような。

味は微妙ですが「まろやか」なんですよ。

還元水の水素が、容器を通して
ソースに作用したのでしょうか(@@)

それとも水温による変化なのか? 

ただ何かしらの反応があったもようです。

これならば、ソースも水っぽくならなくていいかな(^^;;) 


マヨネーズは今度試してみようかと思っていますが、
プラスチックの容器というのは微妙なりとも、
そのような物質を通過させるものなのでしょうか? 

いろいろと調べてみたくなりますねサーチ(調べる)


写真は、見た目でわかるかなぁと思って
パシャっとしてみました(^^;;)

違いが分かるかな・・・


実際には、還元水に漬けていた方がソースの色が
若干薄いのがわかるのですが、写真カメラでは難しかったかな。。。。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。