2007年10月21日

温めた強酸性水で茶シブがキレイに落ちた!

先日、風呂釜を掃除するために強酸性水を温めていた時、
鍋の汚れがキレイに落ちたのを発見!
(参照:温めた強酸性水で風呂釜を掃除してみる!)

これは、これはぴかぴか(新しい)
「漂白剤を入れたのと同じじゃないかぁ〜exclamation×2」。

ということで、試してみましたるんるん 茶シブ落としるんるん


麦茶、ウーロン茶、緑茶を作っては、
いつでも飲めるようにしているのですが、
気がついたら使っている瓶の注ぎ口に茶シブが(ーー;)。

いちおう、毎回洗っているのですが、
それでも付いてしまいますよね。

この注ぎ口が今回の漂白対象物パンチ


強酸性水につける前がこの状態。
あぁ〜茶シブがびっしり・・・



温めた強酸性水につけること約1時間後の写真。
1時間でキレ〜に☆


なんともキレイに落ちていますexclamation×2 茶シブがexclamation×2


なぜ1時間かというと、
その間に買い物に行ってきたからです(^^;;;)

もしかするともう少し短い時間で
漂白できるかもしれないですが、
既存の漂白剤よりはキレイになるには
ちょっと時間がかかります。

キッチン用の漂白剤を使えばもっと時間短縮で
漂白されるのもわかっていますが、
洗っても洗っても漂白剤の臭いがついたままというのが、
なんとも嫌なのです(ーー) 


強酸性水ならば、そんな臭いもなく
そのまま水切りにカゴに移して乾かせば
すぐに使えますからいいですよねるんるん

それに、強酸性水は「衛生の水」。

除菌もできるからありがたいです(^^) 


もちろんその威力を十分に発揮してくれる、
生成後すぐの強酸性水を使うことをおすすめします。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現


2007年10月18日

干しシイタケを上手にもどして美味しい一品♪

秋の味覚というと「きのこ」るんるん 好きなんですよ(^^) 

きのこいっぱいのサラダとかパスタとか煮物とか。


きのこづくしでもいいくらい好きなんですが、
うちの旦那さんは大嫌い(ーー)。

あの食感がダメなんだそうです。

きのこが美味しい季節になったというのに。

もったいない。。。


今は、季節問わず食べられるキノコ類。

特に干しシイタケは煮物をつくるときには
とっても重宝ですよね(^^)

なんといっても、あの「もどし汁」がダシ汁としても使えるので、
とっても美味しく煮ることができるからです。


そんな干しシイタケを美味しくいただくには、
もどし方にもこだわってみたいですよね。


1軽く水でホコリやゴミを落とす

2干しシイタケ30gにつき水1リットルの水を
 器にいれてラップをかけて一晩冷蔵庫の中へ
(密閉できる容器があればそれを使うのも便利でするんるん

3もどした汁を、ペーパータオルなどでこして使う



急ぎの時は、ぬるま湯に2〜5分時計ほどつけて
戻す方法もあるのですが、もどし汁を使いたい時は、
じっくりゆっくり一晩かけたほうが、美味しさも違います(^^)


さて、どうせ水を使ってもどすなら、
使う水によって差があるのかどうか試してみました手(パー)

pH9.5還元水と浄水でのもどし汁くらべです。

干ししいたけの戻し汁比較♪
(写真1 左側還元水使用。右側浄水使用)


還元水の方が、もどし汁もきれいな色をしています。

もどし汁の香りも浄水にくらべると良いですね。

ここでも、還元水の溶解力(モノを溶かし引き出す作用)が
発揮されていますね(^^)


シイタケのもどし汁+昆布ダシで煮物を作ってみました。
美味しい煮物の出来上がり!!


もちろん昆布ダシは還元水を利用して作った、私のお手製品るんるん 

煮汁には、シイタケのもどし汁の美味しさとコクが加わって、
煮物にシイタケの美味しさがいっぱい広がりました(^^)


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
煮干だし・昆布だし・椎茸だしの取り方



関連記事

2007年10月15日

超おすすめ! 髪染め剤を使った後の酸性水洗髪

鏡を見ていて「白髪が気になる。。。。たらーっ(汗)」。

そういえば、最近何かと忙しくて、
美容院に行くのもすっかりご無沙汰になっていますね(××)。

ボサボサの髪は、あまり気にならないのですが(^^;;;)、
白髪はかなり許せないので、目立つようになると
カラーリング剤を購入してきて、髪染め開始パンチ
 

ささやかな抵抗ですが「白髪染め」は購入してきません。

あくまでも「カラーリング」(^^;;;)。

それじゃ白髪は染まらないよexclamation って言われても、
気分的に嫌なもんは嫌なのです。


さて、カラーリングするならば「オール酸性水風呂」にして、
温めた酸性水でカラーリング後の洗髪にも使用しようexclamation×2 
ということで、今回もせっせと酸性水を
台所から運びました(^^A;;)

洗髪にも使うから前回(参照:酸性水風呂)よりも、
多めに運びこみ。

つくづく「風呂場にもレベラックをとりつけたいぃ〜〜」と思いました。

ぴかぴか(新しい)お風呂用酸性水レベラック開発してもらいたいなぁ〜ぴかぴか(新しい)


なぜ、カラーリング後の洗髪に酸性水を使おうと
思ったのかというと(^^)b

カラーリング剤を使った後は、髪がパサパサになったり、
髪がきしんだ感じになったりと、
けっこう髪にダメージがくるんですバッド(下向き矢印)

今までも洗髪後に酸性水で洗い流したりすると、
髪が柔らかくなめらかな感じになるので、
カラーリング後にオール酸性水洗髪をやってみたかったのです。

これで、髪へのダメージを抑えることができそうかなと手(チョキ)


ひととおり、液をつけた後はなじませるために
30分ほど放置します時計

この時に、酸性水風呂にポチャっと入って温まり〜〜いい気分(温泉)

この柔らかな湯の感じは、やっぱりいいですね〜ヽ(´ー`)ノ


30分後、カラーリング剤を酸性水で丁寧に洗い流して洗髪。

今回はカラーリング剤も臭いがきつくないのを
選んできたのもありますが、以前と比べると
臭いも抑えられ洗い心地がとても良いのですかわいい

乾かした後も髪がなめらかヽ(´ー`)ノ 


これはかなりおすすめですね〜ひらめき

美しい髪を保つのに酸性水は最適なのを再度実感しました。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現

2007年10月11日

美味しい、煮干しダシの作り方♪

カルシウム分をとるのに、にぼしって最適よるんるん 

という話を友達から聞いて、
そーいや我が家では煮干しって使うことないなぁ〜と。

その友達は、ダシをとるのに煮干しを使っているとのこと。

我が家は「昆布ダシ派」なので、
たしかに煮干しの出番はない。


遙か昔に煮干しダシを作ってみた時、
生臭さ魚臭さが気になってその時のトラウマがあったというのも、
煮干しダシを避けていた理由ですが(^^;;;;)


が、還元水を使ってみれば、
この煮干しトラウマも解消できるかもexclamation&question 


というわけで、今日は煮干しダシに挑戦ですp(^^)q


1煮干しの頭と内臓をとる
(これを取り除くことで、苦みやえぐみを
抑えることができるのだとか)


2下処理した煮干し40gに水1リットルの割合で、
 20〜30分水に浸します。


この時に一晩浸しておくのが、一番よいとのことだったので、
私は使う前日から水に浸してみました。

時間がない時やすぐ使いたい時には、
水から煮だしたりするそうです。


3鍋を強火にかけ、浮いてくるアクを
 丁寧にすくい取ったら、火を止める


目安時間として沸騰して5分前後くらいでしょうか。

私はちょっと長め(8分くらい)にして様子をみてみました。


4ペーパータオルなどで漉す。


で、できあがったダシがこれですカメラ

ダシ比較〜♪

(左側還元水使用。右側浄水使用)



今回使った水はpH値9.5の還元水です。

同時に浄水を使った場合での
ダシの状態もチェックしてみました。

還元水を使用した方がやっぱりダシがよくでていますねキスマーク


私が気になっていた魚臭さや苦みなども
還元水のほうが全然きになりません。

むしろナイといってもいいくらいです。

浄水ではダシのコクが足りないかなと感じます。


今日は、この煮干しダシを使ってのおみそ汁るんるん 

これがまたお味噌との相性が良いんですよ。

具には私の大好きな「油揚げとタマネギともやし」
の組み合わせにしました。

玉ねぎ&もやしのお味噌汁


ダシに使った煮干しは、しょうゆとお砂糖で甘めに煮て、
フライパンで水分をとばしてゴマを投入した
「にぼしの簡易ふりかけ」。

ごはんに混ぜると美味でした(^^)


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
煮干だし・昆布だし・椎茸だしの取り方
知っておきたい料理の基礎4 << だし汁のとりかた>>
乾物研究室−だし



関連記事

2007年10月09日

温めた強酸性水で風呂釜を掃除してみる!

オール強酸性水風呂にも挑戦したいパンチ 
と密かに実行機会をうかがっていたのですが、
これの実行がかなり難しい(××)あせあせ(飛び散る汗)

強酸性水って生成量が限られているから、
なかなかお風呂分まで溜まらないのですバッド(下向き矢印)

今日も洗濯用で強還元水を使っている時に、
せっせと強酸性水をペットボトルにストック。

うーんやっぱり目標水量にはほど遠い。。。。。。

で、ふと思い出した「強酸性水で風呂釜掃除」
を実行することにしてみました。


この間、風呂釜掃除(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/58829200.html
で覚えたことを、酸性系漂白剤ではなく
「強酸性水」に替えてトライしてみることにひらめき

鍋に強酸性水を入れて温め。。。。。。
このときに思わぬ効果が。。。。

「鍋がきれいになったぴかぴか(新しい)」。。。。。(@@)。


これは、ちょっと他でも使えそうですね( ̄∀ ̄)ニヤリ


さて、我が家の風呂釜は二つ穴です。

下の穴にタオルを詰め込んでふさぎ、
上の穴から温めた強酸性水約1リットルを流しこんでみました。

この時に奥へ流し込むのがポイント手(チョキ)

横穴なのでそのままでは流し込めません。


そこで使ったのがお風呂洗剤が入っていた容器

角度が付いていて風呂釜の穴にもちょうど入ります。

風呂釜掃除用洗剤の容器の残りをとっておいて、
こんな時に使うと便利かもしれないですね。


温めた強酸性水を流し込んだ後、
温めていない強酸性水も投入。

その後30分ほど放置しておきます時計

最後は、ホースを風呂釜の奥まで入れて
水を勢いよくだして風呂釜の中を流します。


おおお〜〜。

流れてきた流れてきたexclamation×2


奥のほうに湯垢が溜まっていたんですね。


でも、最近は酸性水をお風呂に入れているので、
汚れは少ないかも。
(これは、とても良いことだexclamationexclamation

温めた強酸性水。かなり使えそうです(^^)

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。