2009年10月20日

冷凍食品を酸性水で解凍すると旨味が保てる

今日のランチは、残りご飯で炒飯を作ってみましたレストラン


puri_ebi.JPG



ご飯が固まってしまっている時は、
還元水を少し入れるとほぐしやすくなり、
美味しさもアップします(^^)



今回は具材にシーフードミックスを入れてみました。

我が家では炒飯を作る場合、
ベーコンなどを入れてそこから出る
脂のみで具材を炒めるます。

そのため、凍ったままの冷凍食品を使うと、
水っぽくなったり中まで火が通りにくかったりするので、
シーフードミックスなどや野菜などは、
一度解凍してから使うことが多いのです。



しかし、冷凍食品は解凍の仕方が上手にいかないと、
味が落ちてしまうんですよね(^^;;)

電子レンジを使うと食材がまだらに温まって
解凍されない箇所がでてきたりするし、
低温解凍や自然解凍、流水解凍もやりましたが、
やっぱり味が落ちてしまうのですバッド(下向き矢印)

早く解凍できるグッズもあるようなのですが、
細かい食材には不向き。



そこで「酸性水(酸性電解水)」を使って解凍すると
旨味を逃がさずに解凍できるというので、
この炒飯に使ったシーフードミックスは
その方法をとってみました。

材料を用意している間に、
酸性水に必要な分を数分くらい浸して解凍ダッシュ(走り出すさま)

水気をしっかりふきとって、調理をしました。



そしたら、エビはぷりぷりさ加減もあり、
イカも固くなることなく旨味が保たれたままだったのですキスマーク

このような少量ですぐ使う冷凍食品などは、
酸性水を使うと早く美味しく解凍できるのでおすすめ(^^)b


酸性水の持つ「収れん作用」で食材の
美味しさを保ちながら解凍できるのでしょうかね。
このような解凍で使うのにもぴったりなんです(^^)b

【参考】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水




2009年10月18日

除菌作用の高い強酸性水をいつでも携帯できる容器

我が家では、強酸性水(強酸性電解水)をスプレーにいれて
お部屋でシュシュダッシュ(走り出すさま)とまくことがあります。

これで、お部屋の除菌・消臭ができますからね(^^) 


それに、新型インフルエンザに感染して自宅療養になった時にも、
強酸性水があると、食器類や衣類などの仕上げ洗いに使うことで、
より清潔さを保つことができます
(参照:もし新型インフルエンザで自宅療養となった時には



さて、家の中ではレベラックくんで
強酸性水を生成してしまえば、
いつでもすぐに使うことができますが、
新型インフルエンザがだんだんと広がってくると、
やっぱり外出先でも
「強酸性水」があったほうがいいよなぁ〜って
思うようになりました。


そこで、エナジックのホームページを見てみたら、
なんと強酸性水を携帯するのにピッタリの
容器が販売されているじゃあないですか\(^O^)/

『ポンプミスト』という携帯用の容器で、
タンクに強酸性水を入れてミストボタンを押すと、
細かい霧状のミストが吹き出すというものです。

今までも携帯用スプレーは発売されていたのですが、
それよりも容量が大きくて(90ml入ります)
噴出するミストも細かいようです。

これを持ち歩くことで、外出先でも例えばトイレを使う時に
シュっと便座を強酸性水で除菌したり、
手洗い時にも仕上げに強酸性水を使用できるので、
新型インフルエンザ対策にも一役買ってくれそうですね(^^)


そうそう、容器に強酸性水を入れたら、
その日のうちに使い切ってくださいねひらめき



強酸性水の持つ除菌・消臭作用を最大限に利用するには、
新鮮な水をいつも持ち歩けるようにするのが一番なんです
exclamation

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 除菌用に 強酸性水
ポンプミスト


2009年09月28日

料理用のハケのお手入れに「強酸性水」&「酸性水」

そんなにしょっちゅう使うわけではないけれど、
あると便利で重宝な調理器具や調理小物ってありますよね。

しかし、毎日使う物でないと、
使う時にカビが生えていたり、
変色していたりなんてこともあって、
あ〜(><)ってこともたまにたらーっ(汗)


我が家にもいくつか、そんな器具や
小物類があるのですが、
その代表の一つがこれ。

調理用のハケ。


正しいお手入れの仕方知ってますか?



使うのは、魚の照り焼き・焼きおにぎり・
お好み焼き・お菓子類を作る時、
油をフライパンに薄くひくような時でしょうか。

使った後は、しっかりと洗って水気を切って干しておくのですが、
引き出しの中にしまっている時に問題があるようで、
時々変色してることもありましたバッド(下向き矢印)



やっぱり調理に使う小物は清潔なのが一番exclamation


さて、ハケのお手入れのポイントは
「使用後にしっかりと洗って乾燥させること」。

洗剤で洗った後に自然乾燥をさせるのではなく、
ドライヤーなどでできるだけ早く
『完全に乾燥させること』なんだそうです目


そして、洗浄時には食器用の除菌洗剤を、
洗浄後には食器用の除菌スプレーを使用することで、
細菌の発生を抑えるようにすることなんですって。

この時に除菌・消臭作用が特に高い、
衛生の水「強酸性水(強酸性電解水)」や
除菌・消臭作用のある「酸性水(酸性電解水)」なんか
ピッタリですよね(^^)b 

水から作られいる電解水ですから、
安心して使用できますしねぴかぴか(新しい)



さて、しまう時もそのまま引き出しなどにしまわず、
除菌スプレーをし、密閉できる容器や袋に入れて
「冷蔵庫」に保管
exclamation ←ちょっと意外でしたが。

これで衛生的に保管できます。


そして、使用するときは「強酸性水」や
「酸性水」でしっかり洗い流して使うと、
衛生面でも安心できますよ。


【参考サイト】
刷毛の洗浄方法&刷毛の保存方法

2009年09月09日

冷たい麺を美味しくいただくポイントは仕上げに「氷水」

今年の夏は、お昼に「冷やし中華」を作ることが多く、
ちょっとした定番メニューとなっていました。

そして、本日のお昼も秋空の下で味わう冷やし中華(笑)


夏はやっぱり冷やし中華
 


さて、麺類を茹でる時は「酸性水(酸性電解水)」を使うと、
シコシコっとした食感のコシのある麺ができあがります。


ところが、冷たい麺にした場合、
仕上げの水を酸性水にしてしまうと、
麺に残った水滴が、食べた時にちょっと苦く
感じることがありましたバッド(下向き矢印)

タレやつゆの味が濃いので、
それほど気にならないのですが、
でも、麺の美味しさをもっと引き立たせたいexclamation
という欲求が・・・(笑)



そこで、冷やし中華をつくる時に、
ある方法を試してみたら、
シコシコさがとってもイキた、
味わい深い麺になったのです。

それは、仕上げに
「還元水で作った氷水で冷やすことexclamation×2」。



茹でた後、流水で麺を水洗いしますが、
この時までは「酸性水」。

そして、ボールに氷水を用意しておき、
水洗いした麺をこの中で約30秒ほど冷やします次項有


氷水で麺がキュッっと引き締まって
シコシコさ加減倍増グッド(上向き矢印) 

そして、還元水を使うことで、
酸性水のみでは少し気になった苦みなくなり、
美味しいチュルチュル麺の出来上がり(^^)v 


じゃあ、還元水だけで茹でれば? 
と思いますが、還元水では冷たい麺の
「シコシコ」とコシのある食感が
なかなか出せないのです(^^;;)

やっぱりこれは酸性水の持つ、
ものを引き締める「収れん作用」の
おかげなんですよね。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現




関連記事

2009年09月04日

汗じみを落とすには「強還元水」での洗濯も有効です!

夏が過ぎたとはいえども、まだまだ暑さも続く日々。


毎日の洗濯に追われています(><)

洗っても洗っても山のように積み上がる洗濯物あせあせ(飛び散る汗)

涼しくなってきたとはいえ、
まだまだ汗をかく量が多いですからね。



さて、いくら洗っても、
汗じみが洗濯物についてしまって、
落ちないってことありませんか? 

我が家でも、特に白いシャツ類などは、
脇下に黄ばみがついていて、
シャツが変色してるじゃあないかぁ〜(><)ショック

といったこともありました。



でも、レベラック君が我が家に来てからは、そ
んなショックも少なくなっているのですヨ(^^)

それは、洗濯水に「強還元水」を使っているからexclamation
 
頑固な汚れもしっかりと落としてくれる「強還元水」だからこそ、
衣類についた汗じみなどだってお手のもの。

私の場合、白系の衣類を洗う時には、
洗濯水の半分を「強還元水」にして洗っています。

これだけでも、軽い汗じみなどは
楽に落としてくれるんですよかわいい


黄ばみが目立つような場合は、
ぬるま湯程度に温めた強還元水に
洗剤をとかしてしばらく浸けておきます。

このほうが、繊維についた汗の汚れが
落ちやすくなるのです。



ただし、色・柄物の場合は、
長時間浸けておくと、
色落ちする場合もありますから要注意
exclamation  

汗がついたら、早めに洗濯をして
汗じみが残らないようにしたほうがいいですよね。



最近は汗じみを予防するパットなどもあるので、
脇の下に汗をかきやすい人は
利用するといいかもしれませんね(^^)b




【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 料理のしたごしらえに 強還元水
くらし・カルチャー 暮らし編 汗じみなんて怖くない夏の衣類の洗濯方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。