2009年02月16日

レベラックにお湯を入れたいんだけど・・・

冬場になるといつも思うことなのですが

『レベラックくんにお湯を入れて、
温かい還元水がすぐに出るといいんだけどなぁ〜』。


水栓を湯沸かし器経由にしてみようかしら・・・
なんて、一瞬思ってしますことも(^^;;;)



説明書では、一定の温度以上の水が入ると
【ネッスイホゴ】の表示がでると書いてあります。

また、レベラックのサポート日記にも、
実際に表示された写真も掲載されていました。


さらに、【水温40度以上のお湯は流さないでください】
という注意書きも説明書には書いてあります。



(ーー)うーむ。

いろいろな疑問を解決したくなったヨ。



そこで、久しぶりに、エナジックのサポートセンターに、
質問のお電話をさせていただきました!(^^;;)




お湯を入れたらどうなるのでしょうかの質問には、

「もし、間違ってお湯を通してしまっても、
一度くらいならば不具合などの問題ありませんよ」


とのこと。


ただし、熱湯を通してしまった場合は、
復帰するまで数時間、
使用できなくなる場合もあるのだとか。

また、水温が40度以内であれば、
ぬるま湯でも電気分解されるのだそうです。



おおexclamation (^^)  ぬるま湯程度でも、
還元水が生成されるなら。。。。
なんて思ったのですが、
それなら生成してから、
沸かしたほうが早いですね(^^;;;)



ちなみに、ミネラルウォーターを入れても
電解水は生成されるのですか?  
という問いには
「生成は可能ですが、給水時の水圧がないと難しいですね」
ということでした。

うーん、ミネラルウォーター
試してみたいなあ・・・・(^^;;;)



サポートセンター様へ電話

質問に丁寧に答えていただき、ありがとうございましたexclamation




【参考サイト】
レベラック君にお湯を入れたら…(レベラックサポート日記)




関連記事


2009年01月14日

クリーニングしてレベラック君の調子も超快調♪

レベラックの年末キャンペーンで購入した
「クリーニングユニット」。

購入したら早くやらなきゃぁって思っていたのですが、
中々タイミングがなく、
年末の大掃除前に慌てて行いました(^^;;)


そう、大掃除の時に大活躍するのは
「強還元水」と「強酸性水(強酸性電解水)」。

良質な電解水を生成してもらわなくっちゃですからね(^^)b




さて、一度やっているからといっても、
やっぱり説明書本に目を通すのは必須ですexclamation 

ついつい、先走ってしまい、電源をOFFにするのを忘れて、
クリーニングユニットの取り付け作業を
始めてしまいました・・・・・あせあせ(飛び散る汗)


これは、絶対やっちゃいけないことなのにバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)




そうそう、今回は止水栓1個がプラスされてました。


今回は止水栓つき



吐水スタンドを使っているので、止水栓があると、
いちいちホースをはずさなくて済みますからね。

とってもありがたいるんるん 



そして、今回もフレキシブルパイプの先端を
本体より高く折り曲げ、蛇口を開けて先端から
2分間ほど水滴を出すことに、苦労しましたが(^^;;)、
本体に水がかからないようにタオルを用意して、
フレキシブルパイプの谷をしっかりつくり
なんとか無事に、クリア手(チョキ)


そして、クリーニング中の時には、
浄水フィルター内の水を少しでも出すために、
足部分を下にしておきました。

けっこう中の水も除去できましたよ。



クリーニングも終了し浄水フィルターを取り付けた後、
3分ほど通水し、その後
「強酸性水・強還元水」をしばらく生成してみました。


試薬類でpH値をチェックして、
安定して電解水が生成されていることを確認。



そして、除夜の鐘が鳴り終わる前に、
大掃除を終えることができました(^^;;)

新年から、レベラック君は快調に、電解水を生成していますexclamation 


【参考サイト】
洗浄フィルターでレベラック内のお掃除しましょ




関連記事

2009年01月06日

煮洗い実験その2 強還元水+洗剤を入れてみます

昨日は、強還元水のみの煮洗いでも、かなりの黒ずみが落ちた
旦那さんの靴下(参照:煮洗い実験その1)。

毎回洗濯をしていても、けっこう汚れって落ち切れて
いなかったりするのですね。

ちょっとビックリしました。




そして本日は、強還元水+洗剤の煮洗いで、
どれだけ黒ずみが落ちるのか実験です!
 
参考にしたサイトでは、
煮洗いに使う洗剤は『粉せっけん』とあります。

しかし、我が家では粉石けんを使っていないので、
いつも使っている液体洗剤を利用してみました。



今回は強還元水1リットルに対して、
液体洗剤を小さじ2杯分(10ml)を溶かして沸騰。

煮洗いする靴下を入れます次項有



今日は洗剤を入れて




洗剤を入れると、ふきこぼれやすくなるので、
火加減はトロ火で。

約30分コトコトと煮ますー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号2)


そして、火から下ろして強還元水を入れて冷まし、
前日のように「もみ洗い」と「こすり洗い」を行いました。





強還元水だけと違って、
靴下の繊維が硬くなってる(ーー;)。



洗い上がりのふんわり感が期待できませんね〜。

粉石けんだったら、
このようなことはないのでしょうか・・・・・・。


汚れの落ち方は強還元水よりも早い感じがしますが、
それほど汚れ落ちの変化があるようには思えませんでした。



洗剤を使っているので、すすぎも念入りに。

最後に酸性水(電解酸性水)に浸して、柔軟剤の替わりにします。

煮洗い時に、繊維が硬くなってしまったので、
ちょっと酸性水に浸す時間を長くしてみました(^^;;;)



そして、洗い上がりはこちらexclamation


昨日よりも白くなってるかな



洗剤を使ったほうが、若干ですが汚れ落ちもよく、
時間も短縮できるようです。


でも、強還元水のみで洗った時のような、ふんわり感がなく、
ごわっとした仕上がりになってしましました(ちょっと残念)。



洗剤を使うとすすぎの手間がかかるので、
同じような洗い上がりなら、
強還元水だけのほうがいいかなぁが、私の結論です。



機会があったら、粉石けんでの実験を行ってみたいと思います(^^)/


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 料理のしたごしらえに 強還元水


関連記事

2009年01月05日

煮洗い実験その1 強還元水のみで煮洗いしてみました

晴れあけましておめでとうございます晴れ

今年も「はっち」をよろしくおねがいします。


さてさて、新年一発目から「実験」ですよひらめき


先日も取り上げた
煮洗い(参照:汚れがスッキリと落ちる「煮洗い」とは?)」。

今日は、強還元水を使って黒ずみがどれだけ落ちるのか、
試してみました。



さて、煮洗いには、ステンレス鍋かホーロー鍋を使用します。

我が家も探してみたのですが、
Tシャツを煮洗いするだけの大きめサイズもなく、
新規に購入するのにもなんだったので、
とってが焦げてしまい使っていなかった鍋を
煮洗い用として使うことにしました。


というわけで、鍋に入る大きさということで、
実験に使ったのは、黒ずんだ旦那さんの「靴下」(^^;;;)

強還元水生成して、鍋で沸騰させ
そこに煮洗いする靴下を入れてグツグツ煮ますー(長音記号1)ー(長音記号1)


靴下を煮ます!!



この時、台所に漂う洗剤の香り・・・・・・。

仕上げに使っていた柔軟剤が強還元水に溶け出し、
湯気となっているようですね(^^;;;)



約30分ほど鍋で煮た後、冷めるまで待つのもなんだったので、
強還元水を入れて冷まし、汚れている所を重点的に
「もみ洗い」と「こすり洗い」します。


こんなに汚れが落ちてきましたよ。


落ちてる、落ちてる・・・



強還元水は油脂分をとってしまうので、
この時に「ゴム手袋」は必須ですどんっ(衝撃)

素手で手洗いをすると、手が荒れますexclamation×2


ついついそのまま素手で洗ってしまった私は・・・・(泣) 




最後に、酸性水(酸性電解水)
(=衣類などを柔らかくする柔軟作用があります)
に浸けて乾かします。

そして、洗い上がりを洗う前と比べてみた写真ですカメラ



洗いあがりました〜



毎回、洗濯していても、これだけ黒ずみが
進んでいたのには、ちょっとビックリダッシュ(走り出すさま)

完璧ではありませんが、かなり黒ずみはとれたと思います。


ただし、手洗いする時間がちょっとかかったのが難点バッド(下向き矢印)

それならば、洗剤を使って煮洗いすると時間は
短縮できるのでしょうかね??? 


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 料理のしたごしらえに 強還元水

関連記事

2008年12月18日

ライスペーパーは『酸性水(酸性電解水)』でもどすのがベスト

生春巻きに挑戦!



子供達のクリスマスパーティーに、
作ってあげようかなと思っている『生春巻き』

今日は、予行演習で作ってみましたるんるん


とりあえず、なんか形になっているかなぁ〜とは思うのですが(^^;;)




ライスペーパーは少量の水でもどして使いますが、
この時にちょっとでも水をつけすぎると、
ペーパーがくっついて破れてしまったり、
逆に少なすぎても、もどしきらない状態になったりと、
皮が薄いだけに扱う時にちょっと慎重になってしまいます。



それならば、使う水によって
この問題を解決することができるのか
exclamation&question 

ということで、還元水と酸性水(酸性電解水)を使い、
ライスペーパーのもどし比べをしてみました。




さて、今回のもどしかたは袋に書いてあった、


(1)ぬるま湯にライスペーパーを軽くくぐらせ、

(2)キッチンパーパーにはさみ、

(3)1〜2分おく、


という方法をとりました。





その結果は・・・・・・。






酸性水では、キッチンパーパーにはりつくこともなく、
きれいにもどりました(^^)



逆に還元水ではくっついてしまって、はがす時に失敗(><)。




ライスペーパーをもどす時には、
酸性水を使ったほうがいいみたいですね。

酸性水って、おそばやパスタを茹でるとシコシコ麺になるので、
粉もの系と相性がいいのかなぁ〜と思いました。


【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水




関連記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。