2008年08月30日

ホントに硬水が美味しく飲めた!「硬水を美味しく飲むレモン」体験

やっとやっと見つけたんです
「硬水をおいしく飲めるレモン(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/103811379.html)」。

ホント売っているところがなくて(^^;;;)
探し回りましたくつ



それではということで、早速実験開始exclamation

どーせなら、硬度の違うミネラルウォーターでも
試してみようとこのようなラインナップ↓
+還元水(pH9.0)で、
飲み比べをおこなったのです。


フランス系ミネラルウォーター大集合(笑)




使用したミネラルウォーターは、
左側から
「ボルビック(硬度60・pH値7.0)」
「ヴィッテル(硬度315・pH値7.8)」
「ヴァットヴィーレール(硬度511・pH値不明)」
「コントレックス(硬度1468・pH値7.4)」。


とりあえず、フランス産のミネラルウォーターで
まとめてみました(^^;;;;)

採水する地域によってこれだけ硬度もpH値も違うのですね。

これも面白いひらめき


写真にはありませんが、超硬水といえば
「クールマイヨール(硬度1612・pH値不明・イタリア産)」も
試してみました。

今回は炭酸水(ガス入り)ミネラルウォーター抜きの
ラインナップです。


いずれのお水も冷やして最初に一口飲んでから
レモン果汁を入れよーくシェイクしてみましたー(長音記号1)


入れる分量はこんな割合右斜め下

500mlに対して30mlです




まずは、軟水系からトライパンチ


満月還元水(pH9.0)

我が家の水道水が元になっているので硬度は60mg/L前後
(東京都の水道水の硬度がこれくらいなので)。

レモンの酸味がかなりきますね〜。

レモンをいっぱい入れた水を飲んでるって感じがするので、
酸っぱいのが苦手な人にはちょっと難しい?


満月ボルビック(硬度60・pH値7.0)

私が飲んだ時には、ボルビックのほうが酸っぱいexclamation 
って感じがとてもしました。

軟水は何も入れずにそのままの方が、
美味しく飲めるのかもしれませんね(^^;;;)




続いて硬水系

満月ヴィッテル(硬度315・pH値7.8)

硬水系のわりには飲みやすいヴィッテル。

でも時々、ミネラル分が口に軽くのこるような感じが
することもあるんです。

レモン果汁を入れてみると、軟水ほどの酸っぱさは感じませんが、
レモン風味の水だね〜さっぱりして美味しいねという印象です。


満月ヴァットヴィーレール(硬度511・pH値不明)

硬度が少し上がると、このレモン果汁のパワーが
徐々に発揮されてきているのが、なんとなく感じます(^^;;)

このミネラルウォーター自体は、硬水でもそんなにクセが
ないほうだと思うのですが、レモン果汁を入れると味わいが
ヴィッテルよりもよりサッパリ系になったので、
これはレモン果汁とミネラル分が上手く
結合した結果なのか? なんて思いました。




さて、最後は私が一番苦手な超硬水系です。

満月コントレックス(硬度1468・pH値7.4)

満月クールマイヨール(硬度1612・pH値不明)


両方とも最初の一口を飲むと、口の中にミネラル分が残り
苦さを感じます。やっぱりこのままでは私には難しい(ーー)。

では、レモン果汁を入れてシェイクー(長音記号1)exclamation

飲んでみると「味わいが全然違います」。

とても飲みやすくミネラルウォーターが変身キスマーク
というくらいに抵抗なくスルッと飲めるのです。

軟水で感じたレモンの酸味はなく、キリッとした飲みやすさ。

口の中にも苦みが残りません。

特にクールマイヨールのほうが硬度が高いだけに、
これだけ飲みやすくなるんだぁ〜と感動ぴかぴか(新しい)




というわけで、飲み比べをした結果
「超硬水がとってもおいしく飲めるレモン」だったのです。

たしかに、超硬水では「レモンの酸味を抑えて、
レモン風味を引き立たせる」ことになっていました。

ということは、軟水を飲み慣れている人にとって、
超硬水ってフレーバーウォーターのほうが飲みやすいって
ことなんですね(^^;;;)


内容量が150mlなので1回つき30mlを加えていくと、
500mlの硬水が5本分飲めるという計算。

超硬水の場合は、
この分量が確かに美味しく飲めるようですが、
硬度300〜500近辺のミネラルウォーターだったら、
これよりも少ないほうが飲みやすいかも。


ちょっとミネラルウォーターを飲み過ぎて、
お腹がタポタポになってしまいました(^^;;;)


【参考サイト】
硬水をおいしく飲めるレモン|ポッカコーポレーション






過去の関連記事


posted by はっち at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気になる「水」関連商品

2008年08月26日

水道水のゼリーって?

何かとミネラルウォーターに押され気味の「水道水」ですが、
日本の水道水は世界誇れる素晴らしいお水なんですよ(^^)v  

水道水がボトリングされて商品化になっているのもあれば、
水道水を利用して作られる加工商品も。



そんな「水道水」つながりの中、
食のニュースで見つけたのがぴかぴか(新しい)「水道水ゼリー」ぴかぴか(新しい)

富士山のお膝元ともいえる、山梨県富士吉田市にある
スィーツショップ&カフェ「アーヴェント」が開発した商品
「吉田の水ゼリー」というのだそうです。


この地区の簡易水道水を使ったゼリーで、
砂糖をほとんど使わず、水自体が持つ甘みをを生かしたのが
特徴みたいですね。

んんexclamation&question 水が持つ「甘み」とはexclamation&question
に興味津々な私(^^;;)



さて、この地域の簡易水道は天然水に負けないほどの
美味しさだそうで、
その水源の大元はもちろん富士山

その富士山が持つ天然の濾過装置で蓄えられた地下水や
湧き水を汲み上げて、
水道水として供給しているんですね。

そして、一年を通して水温が10℃〜13℃、臭いもなく、
少量の塩素消毒で供給できてるというのも、
水道水が美味しい理由なのではないでしょか。


やっぱり富士山は凄い自然の力を持っているのですね。



もちろん、この水道水ゼリーも食べてみたいですが、
この水道水自体もぜひ、飲んでみたですねるんるん

日本には、まだまだ美味しい水ってあるんですよね(^^)


【参考サイト】
asahi.com(朝日新聞社):【山梨】日本一の水道水ゼリーデビュー - 食と料理
ふじよしだの水




過去の関連記事
posted by はっち at 12:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2008年08月17日

空腹を抑える「水」でダイエット!っていったい何?

“空腹を抑える「水」でダイエット”の文字に惹かれて、
訪れたサイトで紹介されていたのは、
「K2O (ケー・ツー・オー)プロテイン・ウォーター」
という飲料水。

販売されているのは、アメリカ。

アメリカのケロッグ社が発売しているもので、
“スペシャルK”というシェイプコントロール用の
シリアルシリーズの一つのようです。

日本でもこのシリーズのシリアルは発売されているのですが、
飲料水はまだ発売になっていないようですね。。。。



さて、この
「K2O (ケー・ツー・オー)プロテイン・ウォーター」のボトルタイプは、
「レモンツイスト」「ミックスベリー」「ストロベリーキウイ」
「トロピカルブレンド」の4種類。

パウダータイプは自分で水入れてシェイクするもので
「アイスティー」「ピンクレモネード」「ストロベリーキウイ」
の3種類発売されいます。


このプロテイン・ウォーターは飲むと
「食間の空腹感を減少させてくれる」のだそうです。

成分となっているのは「たんぱく質と食物繊維」。

なんかお腹の中で膨れて満腹感が得られそうですねグッド(上向き矢印)


パウダータイプはたんぱく質と食物繊維が1袋にそれぞれ
5gずつ入っていて、全体のカロリーは30kcal

これを水でしゃかしゃかと溶かして飲むのだそうです。

ボトルタイプは437mlで50kcal


ほほぉ〜。

たしかにカロリーは低いですね。



パウダータイプは持ち歩きできそうなので、
好きな時にミネラルウォーターなどに入れて
シャカシャカと混ぜれば、プロテイン・ウォーターの
できあがり〜になりそうです。



かなり美味しいらしいということなので、カロリーが少なめでも、
飲み過ぎてしまったらせっかく空腹を満たすためのものが、
リバウンドおこしそう(^^;;;)

でも、これはあくまでも「シェイプコントロール」のためのもの。

飲み過ぎは厳禁なのですよねあせあせ(飛び散る汗)


メタボ対策にも役立ちそうな商品。

日本でも発売したらヒットしそうな予感もします。



【参考サイト】
空腹を抑える“水”でダイエット! その名も「プロテイン・ウォーター」 - 日経トレンディネット
Kellogg's Special K(アメリカのサイト)
日本ケロッグ株式会社 | ケロッグスペシャルK





過去の関連記事
posted by はっち at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2008年08月08日

おお? 話題のビオナーデを発見! 早速トライ!

ビオナーデ手に入れました!


以前にもご紹介したことのあるドイツ生まれの
オーガニック清涼飲料水「ビオナーデ」
体にも地球にもGOOD! 話題の清涼飲料水ビオナーデ。)。



仕事先近くの大きな酒屋さんで発見exclamation 

ノンアルコールのビールと共に「ノンアルコール飲料」の
棚に置かれていました。


おお〜exclamation×2と感動して早速手にすると
「350円ふくろ」の値段が目にとまりました(^^;;;;;)

うううう、思っていたよりも高い………。


「ライチ」「ジンジャー&オレンジ」
「エルダーベリー」「ハーブ」
の4種類の味があります。

どれにしよーかなぁ〜と悩んだあげく、
まずは「ライチ」をトライパンチ

※4種類全部買えなかったのは、お財布の都合………あせあせ(飛び散る汗)


ゴールデンに輝く色がなんともキレイですぴかぴか(新しい)

さっそく冷やしてコクリ………バー

甘みが超抑えめで微炭酸。

ほんのりとライチっぽい味がします。

飲んだ後に甘さが口の中に残るような感じがないので、
飲み口もスッキリキスマーク


氷を入れたグラスに注いで飲むとさらに軽い感じの味わい。

通常の清涼飲料水になれてしまっている人には、
もしかするとこの味わいは物足りなさを感じるのかもしれません。

逆に、あの甘さがどうしても苦手という人には、
このスッキリとした甘さと飲み口は
受け入れやすいのかもしれないなあと思います。

ミネラルウォーターを日常で飲み慣れている人には、
それでも甘いexclamation と感じるかもしれません。

コテコテのハンバーガーなどには、
たしかに合いそうな感じですね。

仕事の合間のリフレッシュ時やスポーツ後の飲み物としても
いいのではないでしょうか黒ハート



さて、ビンの裏のラベルを見てみるとサーチ(調べる)

ラベルを見てみましょう


名称は「オーガニック炭酸飲料」とあります。

原材料名は
「オーガニック麦芽、オーガニック砂糖、炭酸カルシウム、
炭酸マグネシウム、香料」

オーガニックをとっても強調(笑)。

栄養成分を見ると、100ml当たり、エネルギーが21kcal、
炭水化物4.7g、カルシウム20mg、マグネシウム10mg、
たんぱく質、脂質、ナトリムは0。

内容量は330mlですから、
1本分でカロリーが約69kcalとは、
ジュースとしてはかなり低いですね。


ペットボトルではなく「ビン」を使用しているというのも、
空き瓶のリサイクルにつながりますよね。

まだ、一般のスーパーやコンビニでは見かけることはないですが、
デパートや大きな酒屋さんだと手に入れることができそうですよ。


【参考サイト】
体にも地球にもGOOD! 話題の清涼飲料水ビオナーデ。
BIONADE. Welcome




過去の関連記事
posted by はっち at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる「水」関連商品

2008年07月31日

美味しいお水を持ち歩き。浄水タンブラーとは?

日本では、いつでもどこでも
飲みたい時に買えるミネラルウォーター

私にとっても必需品ですキスマーク


しかし、エコ的に考えると、
ちょっとペットボトルを大量に消費するのも、
気が引けてしまいますよね(^^;;)



私は最近、某コーヒーショップで購入したタンブラーに
還元水を入れて持ち歩くことが増えているのですが、
飲みきった時はミネラルウォーターが代わりに入っています

(ーー)うーん、結局はまたペットボトルを
消費してしまった。。。。。たらーっ(汗)



さて、小型化した浄水ポットがタンブラータイプになった
『OFFICE ROKA』という商品が、注目を集めているそうなのです。

これは、プラスチックのタンブラーの中に濾過装置があり、
水道水を注ぐだけで、
おいしい水を飲むことができるというもの。

残留塩素98%溶解性鉛80%トリハロメタン90%を
除去することができ、
専用カートリッジで約200回分繰り返し使えるので、
1日3回毎日利用したとしても2ヵ月半弱でカートリッジ交換。


これならば、オフィスで水が飲みたくなった時に、
コンビニまで水を買いに行くことができないexclamation 
今すぐ美味しい水が飲みたいexclamation
という時に便利ですよね。

キャップをすれば持ち歩くこともできるし、
そのままマグカップとして使うこともできるというのです。



さて、タンブラーの容量は約300ml。

濾過にどれくらい時間がかかるかというと、
少しずつ水を入れて満杯になるまでに4〜5分くらいとのこと。

もちろん、浄水した水なので一日以上の作り置きは、
細菌が繁殖しやすいので、
その日のうちに飲みきるようにしたほうがいいみたいですね。


冷たい水が飲みたい時は、
タンブラーごと冷蔵庫に入れておけばOK手(チョキ)

私が使用しているコーヒーショップのタンブラーも、
プラスチック製で冷たい還元水を持ち歩きたい時は、
冷蔵庫で冷やしてからタオルなどにくるんで、バックにイン次項有 

けっこう時間がたっても中身は冷えているんですよ。

この『OFFICE ROKA』もそんな使い方ができるようですね。


一人分の美味しいお水が飲みたいexclamation
そんな願いを叶えてくれるタンブラーなんですね。

これだと、たしかに、ペットボトル消費の
心配はしなくてすみそうな感じがします(^^)


【参考サイト】
OFFICE ROKA(商品一覧) | 貝印 
第39回 「OFFICE ROKA」の巻 - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル



過去の関連記事
posted by はっち at 15:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。