2010年01月15日

高級ワイン並みの存在感な「高級緑茶」って何?

ちらっとアクセス数を見てみたら、
元日にはみなさん「若水」の記事を読まれてるんですね。

では、ここでちょこっとおさらいパンチ


元日の早朝にその年初めて汲む水のことを
「若水(わかみず)」もしくは「初水」といいます
(参照:元旦の朝に汲む「若水」とはなんぞや?!)。


本来なら、井戸水を使うのですが、
今では水道水でもOKexclamation

もちろん、我が家の「若水」は
レベラックくんで生成される「還元水」です。


今朝も私が、コップで「コキュ」っといただいちゃいました(^^;)

家族で飲むお茶用に・・・なんて思っていたのに、

起きた時はすっかり忘れているんですよね。。。。たらーっ(汗)



ところで、お茶といえば、ワインボトルに入って桐箱付き、
値段も20万円以上するという、「高級緑茶」
というのを見つけました(@@)。


「King of Green MASA Super Premium」という商品で、
「天竜茶」という各種の茶品評会で高い評価を得て、
農林水産大臣賞受賞してる高級茶葉を使用。

さらに本物のお茶の味を伝えるのに「手摘み茶葉」のみ、
添加物、保存料、酸化防止剤などを一切使わず
加熱をしない「水」だけで抽出。



この水は「フィルターろ過除菌」をし、
茶葉に併せた抽出力が高い水を作りあげているのだそうです。

元になっている「水」どこのなのでしょうか(^^;;)
・・・やっぱり天竜茶の産地の水なのかな? 



そして、抽出には3日〜6日。

1日に40本までしか生産しないのだそうです。




ここまで、徹底したお茶の味と香りを追求した
「高級緑茶」ってどんな味がするのでしょうかね(@@)


【参考サイト】
ロイヤルブルーティー




posted by はっち at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気になる「水」関連商品

2009年12月27日

「カフェオレ」 「カフェラテ」 「コーヒー牛乳」 の違いとはなに?

スーパーで好みの「コーヒー飲料喫茶店」を
個々に購入してみた時のこと。

ラインナップがこんな感じになりました(笑)



いろいろあるんだねえ



と、娘1号があることに気がつきました。

「『カフェオレ』と『カフェラテ』って、何が違うの?」。


おーとそうきましたかたらーっ(汗)


両方とも「コーヒーのミルク割り」なのに、
どう違うのでしょうね。

というわけで、いつものように調べてみることにしました。



『カフェオレ(cafe au lait)』はフランス語。

『カフェラテ(caffe latte)』はイタリア語。



両方とも「ミルク入りコーヒー」の意味なのです。


「じゃあ日本で言ったら『コーヒー牛乳』になるんだよね」
と娘1号。

たしかに・・・そうよね・・・・。


そこで、『コーヒー牛乳』も調べてみたら、
現在市販の商品では、
生乳に牛乳以外のものを加えているものに
「●●牛乳」という名称が使えないのだとか。

そのため、市販のミルク入りコーヒー飲料に、
上記のような名称が使われるように
なってきたみたいですね(^^;;)

うーん、なんかややこしいあせあせ(飛び散る汗)



さて、本題に戻ると、
『カフェオレ(cafe au lait)』は、
深煎り豆(フレンチロースト)で
抽出したコーヒーと牛乳を別々のポットに入れて、
飲む前にカップに合わせるそうで、
写真の左端にあるイラストのような感じで作るのだとか。


『カフェラテ(caffe latte)』
深煎り豆で抽出したエスプレッソと
牛乳を混ぜたもので、蒸気で温めたミルクを加えたり、
別添えしたもの。


ついでに『カプチーノ』は『カフェラテ』に
泡立てた牛乳をのせたもので、
お店によってはシナモンスティックや
シナモンパウダーが入っていますよね。

余計に頭がこんがらがってきました(^^;;;)



どの「ミルク入りコーヒー」も割合、入れ方など
いろいろと違いがあるので、
自分流の『ミルク入りコーヒー』を
家庭で作るのが一番なのかも(笑) 

我が家の子供達には、還元水で入れた
コーヒーがほんの少し入った『コーヒー牛乳』だな。

【参考サイト】
東京ガス:食の生活110番Q&A: カフェラッテとカフェオーレはどう違うの
最近コーヒー牛乳を見ない?  (ミルク広辞苑 メールマガジンアーカイブス  ミルクコミュニティ クラブ)
秘蔵!コーヒー豆知識・カフェオレの話(生豆屋(きまめや))
秘蔵!コーヒー豆知識・カフェラテの話(生豆屋(きまめや))

posted by はっち at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年12月11日

湯たんぽ事故に注意! 温める時の注意点とは

冬になると私に欠かせないのが「湯たんぽ」。


環境にも体にも優しい湯たんぽは、
不況で暖房費節約にも強力な味方でもあるのです。

なんと、この10年間で売り上げが
10倍以上に急増中グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



そして、売り上げと同時に増える湯たんぽ事故(><) 

湯たんぽに長時間ふれていることで起きる
「低温やけど」
なんと、過った加熱事故による
「爆発」などもおきているのだとか。


ええexclamation&question 湯たんぽは沸騰したお湯に、
コップ1杯分の水を入れて、適温の「70度」くらいに
調整するんじゃなかったっけ? 
(参照:環境にも体にも優しい「湯たんぽ」で厳冬をのりきる!


というは、金属、樹脂等の容器にお湯を入れるタイプのことで、
最近では、電子レンジで温めるタイプや
ガスコンロやIHヒーターでも直接加熱できる
湯たんぽも販売されているんだそうです。



電子レンジで加熱するタイプの場合、
表示された加熱時間で行わずに
「オート加熱を使って加熱時間が長くなり、
高温の内容物が外へ漏れ出る」

といった事故がおきているといいます。

直接加熱するタイプでは、口金をしたまま直接加熱して、
湯たんぽが爆発する
ということもあるのだとか。



電子レンジで加熱するタイプでは
「オート加熱を使用しない」。

直接加熱するタイプでは
「口金をしたままの直接加熱は控える」
といったことに注意をしたほうがいいですよね。


そして
「取り扱い説明書はちゃんと読んで、正しく使用」。

安全に使うためにも、これは守りましょうね。

【参考サイト】
湯たんぽ事故が増加 誤った加熱方法に注意 日テレNEWS24
電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性(商品テスト結果)国民生活センター

posted by はっち at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年12月02日

電解水でインフルウイルスを撃退! 話題の空気清浄機

新型インフルエンザの流行で最も注目され、
売り上げを伸ばしているのが「空気清浄機」


大型電気店でも「新型インフルエンザ予防にexclamation 対策にexclamation
デカデカしたPOPをかかげ、
一番目立つ場所に展示されています。

現在人気の空気清浄機の中で、
発売前に3ヵ月先まで予約でいっぱいになった商品があるんです。



それは、「ウイルスウォッシャー」という機能を搭載した、
三洋電機の加湿空気清浄機。

この機能は電解水技術を使ったもので、
新型インフルエンザに対して抑制効果があるとのだそうです。

これが、人気の秘密だったんですねひらめき



ウイルスウォッシャー搭載機種では、
電解水を空中に放出することで、
活性酸素がウイルスを取り囲み、
約5分でウイルス抑制の効果があらわれるという速効性があり、
除菌効果が長持ちしやすいとのこと。

やっぱり、電解水のパワーって凄いんですね。



レベラックくんで生成した「強酸性水(強酸性電解水)」も、
空気中にシュシュとまくと、
このウイルスウォッシャーと同じように、
空気中のウイルスや細菌の働きを無くしてしまうんですよ。

この空気清浄機と「強酸性水スプレー」を並行して使うことで、
お部屋の空気がとってもクリーンになりそうです。



水道水と食塩の電気分解から作られている「強酸性水」は、
薬品などを一切使っていないので、
体にとっても優しい除菌水。

安心して使えるのが、何よりもうれしいですね(^^)

【参考】
・家電-【特別企画】-メーカーに聞く、最新空気清浄機のポイント-:三洋電機編


posted by はっち at 18:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2009年11月25日

サッカーW杯で日本酒人気復活を! FIFA公認の日本酒

2010年はサッカー大会の最高峰サッカー
「FIFAワールドカップ南アフリカ大会」
が開催されます。

日本代表も本大会への出場が決定していますよね(^^)。



さて、この世界的な大会で、
日本の風土が作りあげた「日本酒」の素晴らしさ、
美味しさを世界各国の人々へアピール、そして、
低迷している日本国内での消費も喚起しようということで、
ぴかぴか(新しい)FIFA公認の日本酒ぴかぴか(新しい)が発売されたのです。


海外では日本食ブームを背景に、
この10年間で着実に清酒輸出量が増加グッド(上向き矢印)

一方、日本国内では、若い世代の酒離れなどの影響もあり、
日本酒の消費が低迷している状態。

日本酒って「ウォーターマイレージ」が
低い飲み物なんですけどね(^^;;)



日本各地から参加蔵元を募り、
日本酒13種類、焼酎2種類、
和風リキュール2種類の計17種類を商品化。

ラベルは南アフリカをイメージしたアニマル柄をメインに、
サッカーをイメージしたものやアフリカをイメージしたものなど、
日本酒のラベルにしてはカジュアルテイストです。

サッカーも日本酒も好きな私にとっては、
全種類揃えたい気持ち満々ですが(笑)

ボトルはコレクターズアイテムとしても人気でそうですねるんるん




東京の蔵元さんが入っていなかったのはちょっと残念でしたが、
飲んだことのない蔵元さんのお酒が
多いのでどんな味なのか楽しみです(^^)

FIFAオフィシャルショップ、酒販店、大手百貨店、
スーパー・コンビニでの販売を予定があるとのことなので、
近所のお店で手に入らないかなぁ〜とワクワクしています。

【参考】
FIFA公認の日本酒、焼酎販売 サッカーW杯で消費喚起 - 47NEWS(よんななニュース)
文化/【フード/トラベル】W杯公式の日本酒 定番・フルーティーの2トップ体制 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE
FIFAワールドカップ南アフリカ大会公認「日本の酒」シリーズ
posted by はっち at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。