2009年10月06日

うどんのゆで汁から「燃料」が作れるらしい

水から生まれた新燃料
http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/121336194.html)など、
石油に代わる燃料の開発が進んでいますね。

サトウキビ、とうもろこし、パームやしなどの農産物や、
廃材、食品廃棄物、糞尿などからエネルギーを作り出す
「バイオマスエネルギー」。



なーんと、「うどんのゆで汁」からも、
このエネルギーの元になる
「バイオエタノール」を精製することに
成功したという記事を目にしました。


うどんのゆで汁や麺を洗ったり冷やした水には、
バイオエタノールの原料となる「でんぷん」が残っています。

ここに着目をしたわけなのですが、
今までは効率的な活用方法が
確立されていなかったのだとか。


この捨てられてしまう「水」から、
エネルギーを作ることによって、
排水がキレイになり、微生物処理をすることで、
冷却水として再利用が可能になるのだそうです。

これでかなりの量の「水」が節約されるといいます。



大量に出る産業廃棄物の再利用から生まれた商品に
うがい茶http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/120620223.html)」
というものがあります。

こちらは「緑茶のしぼり液」を再利用したものですが、
うどんのゆで汁も工場などで大量に出ると
産業廃棄物の一つとなるわけですから、
このような研究開発が進んで、無駄なく資源を使っていくことは、
環境面でもとても大切なことだと思いますかわいい



将来はこのような処理施設が増え、
一般家庭からも容易に回収できるような
仕組みが整うのが理想ですよね(^^;;)


いつもなら捨ててしまう「うどんのゆで汁」。

この記事を見た時から、捨てずにお腹の中に
美味しくおさめる方法はないものかと、
考えるようになりました(苦笑)


【参考サイト】
うどん汁からバイオ燃料精製 中国新聞 地域ニュース
資源エネルギー庁 新エネルギー政策について
ビジネスライブラリー 海外ビジネストピックス<バイオマスエネルギー> - ジェトロ





posted by はっち at 16:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | 水と環境

2009年10月04日

水筒男子、水筒女子が増加中

今年のモテ男くん傾向は
「弁当男子であり水筒男子であること」。

節約志向やエコ関心の影響で、
ランチはお弁当持参に切り替え、
節約に励む男子&お父さん達。

男性向けのお弁当作り教室が開催されたりして、
女性がびっくりするくらい、
栄養面もしっかりしたお弁当を作ってくる、
弁当男子くんもいますから(^^;;)
これはある意味いい傾向ですexclamation×2 




そして同様に増えてきているのが
「水筒」持参組。

軽くておしゃれなアウトドアモデルの
海外メーカーの水筒が特に人気のようで、
あるお店では、昨年に比べて
売り上げが1.6〜1.8倍も増えているのだとかグッド(上向き矢印)

アウトドア向けの水筒は、
軽くて持ち運びやすいのが特徴なんだそうです。

そして、ペットボトルのように
直接口をつけて飲むタイプのため、
今までの水筒とは違って手軽に使えるというのも、
人気となった要因でもあるようです。



私も旦那様も、もちろん「水筒組」です(^^)

還元水で作ったお茶やコーヒーなどを入れて持ち歩いています喫茶店


旦那様はブームになるずーっと前からの
「水筒男子」なので、
最近流行の水筒ではありませんが、
好きな飲み物を入れて持ち歩ける
「水筒」は便利で手放せないようです。


還元水で作ったお茶やコーヒーが、
外出先でも飲めるのって、やっぱり幸せです(^^)



もちろん、水筒のお手入れには
「強還元水」「強酸性電解水(強酸性水)」がピッタリかわいい

しっかりと汚れを落として、
除菌・消臭もできる電解水は、
毎日持ち歩く水筒を洗う時にとっても重宝しています。

【参考サイト】
asahi.com(朝日新聞社):増える「水筒男子」は男前? 
軽くてオシャレなアウトドアモデルが人気 - e-ビジネス情報(提供:BCN) - デジタル

カラフル 売れてる マイボトル 節約やエコ重視 愛好者が急増中 / 西日本新聞


posted by はっち at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年09月30日

洗剤からも『節水対策』。注目される『超節水洗剤』

洗濯洗剤類は使いすぎても、汚れが落ちも悪いし、
無駄な水を使うことになりますよね。

洗剤使用による無駄水を防ぐ方法の一つは
『使用量を守ること』。


我が家では、レベラック君で生成された
電解水(特に強還元水)を洗濯水でも使っているので、
洗剤も水の使用量も以前よりは“節約”になっています。

けっこう、洗濯で使う水の量も多いですからね。



さて、最近話題となっているのが
『超節水洗剤』というもの。

この洗剤の一番の特徴は
『すすぎが1回でOK』
ということなんです。


え〜? うちはすすぎ1回で
終わらせてるよぉ〜という、
ご家庭もあるかと思いますが、
洗濯洗剤のほとんどは、
だいたい、すすぎ2回の目安で
洗剤が落ちるように
なっているようなのです。


この『超節水洗剤』は、新活性成分を配合することで、
汚れが落ちやすくなり、また繊維に洗剤が残りにくくなるため、
従来の洗剤で2回すすいだのと同じ
もしくはそれ以下の水の量で、
すすぎが1回で済むというのです。

洗濯機の節水対策というのは、
徐々に進んできていますが、
これで使う洗剤も節水対策万全exclamation 
というのは、利用する側にとっては、
ありがたいことです。


これにより、洗濯1回あたり5〜50Lの節水、
洗濯時間も標準コースで約10分短縮される
という計算といいますから、
この超節水洗剤と洗濯水で強還元水を使ったら、
もっと節水になるのかもしれないexclamation×2 と私は思いました。



このような商品がこれからも続々と開発されて、
「洗濯機でのすすぎは1回が主流」
という流れになるだけでも、
かなりの水が節約できるようになるんですよね。

そんな時代も遠くないかもと感じました。

【参考サイト】
話題の“超節水”洗剤「アタックネオ」、洗濯機の設定がハードルに!?
ニュースリリース 世界初*1、独自技術による液体洗剤『アタックNeo(ネオ)』 新発売  花王株式会社


タグ:節水 洗濯 洗剤
posted by はっち at 14:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年09月25日

納豆のパックって洗う? 洗わない?

あるサイトを見ていたら、
納豆のパックを捨てる前に洗うか否か
の話題がありました。


納豆のパックは、
資源ゴミとして回収している地域に住んでいる方は「洗う」。


資源ゴミではないけれど「燃えない(燃やせないゴミ)」
として回収し、回収日も限られているので
ゴミの腐敗を防ぐためにも「洗う」。


燃やせるゴミとして回収している地域の方で、
回収日の間があまりあいてないかたは「洗わない」。



といったように、
住んでいる地域のゴミの分別方法や出し方によって、
意見も異なるようです。



我が家では「ポリ・プラスチック製品の回収」が
週に1度なのと、出すゴミはキレイに洗ってから
という決まりがあるので、
納豆のパックは洗っています。


さて、その時に「納豆のネバネバした糸が洗いづらいあせあせ(飛び散る汗)
という意見がありました。

そういえば、パックや食器についた納豆の糸って、
普通にお湯を流しただけでは、
なかなかキレイにとれませんよねバッド(下向き矢印)


ティッシュで拭きとるとか
バラン(お弁当についているプラスチック製の仕切り)とありますが、
簡単にとる方法で一番多いのは
「しばらく水(お湯)に浸けておくこと」。

洗い物をする時の一番最後にすると、
糸がうるけているので、
するっと流すことができますよね。


そして、実は、けっこう早くとれるのが
「還元水」なのです。

水道水よりも半分くらいの
時間でとれましたよ。


納豆を洗った時(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/128247760.html)にも、
納豆の糸を早く洗い流すことができたので、
洗う時にも還元水を使うと、ほんのちょっとですが
「節水&時短」になりますぴかぴか(新しい)

【参考サイト】
納豆のパックを捨てる前に洗いますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



関連記事
posted by はっち at 14:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年09月11日

塩水で育てる植物

今年は家庭菜園がとても人気なので、
ベランダや庭で野菜を育てている人も多いでしょうね。

以前このブログで土を使わず植物を水で栽培する
「水耕栽培(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/85056536.html)」
の紹介をした時に、
海洋深層水を使って生産しているトマトが
通常よりも糖度が高く、とっても甘いらしいという
話をしたことがありました。

たぶんそのトマトも「塩水栽培」
という方法で
栽培されているのかもしれません。



山口県では、ミネラル塩を混ぜた水を与えた
付加価値の高い贈答品の「ミネラルトマト」を
ブランド化していくというニュースが目にとまりました目


1年間かけキャベツやナス、
ダイコンでも塩水栽培を試験したそうですが、
食味に大きな変化があったのは
「トマト」だけだったそうで、
うま味成分が多く含まれ食味が大きく向上したのだとかグッド(上向き矢印)

トマトと塩水って相性がいいのでしょうかね(・・)


昨年は、大分県の高校で、
海水を使ってトマトの栽培をを行い、
完全無農薬の高い糖度が特徴の
「うみトマト」を収穫したというニュースも
あったようです(今年は作ってないのでしょうかね?)。



また、最近注目されている、
葉物野菜「アイスプラント」は、
塩や乾燥によるストレスを与えることで
成長するのだそうです。

パラフとかソルトリーフ、プッチーナの商品名で
スーパーなどで出回っている「味付き野菜
といわれているものですが、
大分県津久見市無垢島では、
海水で育つといわれるこの野菜の栽培を始めたそうですひらめき



塩水で栽培したら、枯れちゃいそうな感じがするのですが、
塩分の濃度を調節したりすることで、
ミネラル豊富な野菜などが栽培できるんですねぴかぴか(新しい)

【参考サイト】
日本農業新聞 - 「ミネラルトマト」登場 うま味たっぷり 塩水栽培ブランド化/山口・JAあぶらんど萩【中国】 
国東高校が海水使った「うみトマト」栽培【大分のニュース】- 大分合同新聞


関連記事
posted by はっち at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。