2009年03月06日

上手な食器の洗い方で節水効果もアップ!

食器を洗う時に水を流しっぱなしダッシュ(走り出すさま)で使うのは、
水道代がかさむだけでなく、
水資源を無駄にしていることにもなりますよねバッド(下向き矢印)

洗い物をする時にも、ちょこちょこ水栓をとめたり、
場合によっては、洗い桶に水を汲んでおいて、
ちょこちょこ使用したりするのがベスト(^^)


さらに、もっと効率よく上手に洗い物をすることで、
節水効果をアップさせることができるのです。


そのポイントとは、

1食べた後は置きっ放しにせずにすぐに洗う。

 (水に浸けておくのは汚れが他の食器に移り、汚れをひろげてしまうので浸け置きはNG。)

2汚れたお皿は重ねない。

 (食器の裏側にも汚れがついてしまい、余分な水を使うことになります。)

3洗剤を使って洗う時には、かならず水を止める。

 (ここが一番の節水ポイント(^^)b  まずは、汚れ落としに専念)

42度洗いをしなくて済むように、しっかり洗う。

 (一回で済めば、余計な水は使わずに済むのです。)

5すべての食器を洗い終えてから、すすぎをする。

 (もし、汚れが落ちていないものがあったら、最後にまとめて洗剤をつけて洗い直し。)



このような節水ポイントを守って食器洗いをすることで、
1日に最大71リットルも節水


お風呂だったら半身浴できちゃうくらいの水の量ですよね。

それを1ヶ月続けると10トンのタンクローリー
約4台分
になるんだそうです(@@)。

すごーいexclamation


これは、節水しがいがありますね〜。

今日からみんなで、
頑張って食器洗い節水してみましょぉ〜exclamation

【参考サイト】
日本水フォーラム 節水リーダー お皿洗いでの正しい水の使い方



関連記事


posted by はっち at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 水と環境

2009年02月28日

温泉で温泉がでなくなることもあるの?

ゆったりまったりと、温泉につかる楽しみ〜いい気分(温泉)

温泉大好きはっちです(*^^*) 



ところが、温泉を調べてみたら、温泉がでなくなっていたexclamation
という事態がおこる可能性のある源泉が
100〜200本もあるらしいとのことなのです。

ええ〜exclamation&question 
って思わず新聞に目を近づけてしまいました(^^;;;)

これって温泉を利用する側も温泉を経営している側にとっても、
重大なことじゃないですか?



さて、その記事によると、2000年以前に成分分析した温泉は
温泉法の改正により、
今年末までに再分析をしなくてはいけないとのこと。

これにより、100本近くの源泉が
温泉でなくなる可能性があるというのです。



以前に、水道水の沸かし湯を温泉とする「不正表示」
問題となったことってありましたよね。

それがきっかけとなり、2007年10月から、
10年ごとの再分析と結果の掲示が義務づけるよう、
同法が改正されたたためなんだとか。



温泉は自然の恵み、限りある資源の一つですよね。

その成分や温度は、気温や降雨で変化もします。

不正表示が行われるようになったのも、
ある日突然温泉がでなくなったからというのがありましたよね。


生きている資源だからこそ、変化が起こるのは当然なのですが、
今まで温泉だったところが温泉でなくなるのは寂しいし、
その地域の経済にも影響大で死活問題にも発展する可能性もあせあせ(飛び散る汗)

「温泉」というネーミングは、とっても大きなものなんですね。


●ニュースソース抜粋●
温泉を調べてみたら、いつの間にか温泉でなくなっていたーー
朝日新聞が47都道府県の担当部局などに問い合わせたところ、
10県23ヶ所の「温泉」が温泉法の基準を満たさなくなっていた。
00年以前に成分分析した温泉は、同法改正によって今年末ま
での再分析が課せられれている。100本程度の源泉が温泉で
なくなるとの見方もあり、今後、看板の書き換えなどを迫られる
施設が相次ぐ可能性がある。
《後略》



【参考サイト】
asahi.com(朝日新聞社):温泉だったのに… 再分析義務化で23カ所「基準未満」 - トラベル関連記事
タグ:温泉 成分
posted by はっち at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年02月24日

名酒の水源が、ダム建設で影響がでる心配が・・・

日本酒の命は「美味しい水」。

名水のある地域には「名酒」といわれる
銘柄も多いのではないでしょうか。



愛知県の名酒、「蓬莱泉」の仕込み水の水源地が、
ダム建設予定地に近いということで、
仕込み水にも影響が出るおそれがあると、
調査にのりだしたという、ニュース記事が目にとまりました。


仕込み水の水源は、スギやヒノキが植林された山林の中。

ダムの建設地はそこから、谷を一つ隔てたところに
あるのだそうです。

ダムのほうが標高が低いので、
水源への影響は考えにくいとのことですが、
ただ、建設には周辺の関連工事もあり、
満水時のダム湖の外周からは200メートルほどしか
離れていないことから、
蔵元さん側としては、環境の変化による水源への影響について、
心配なことも多いのだと思います。




さて、この仕込み水の特徴というのは、
ミネラル分がほとんどない「超軟水」

飲み口がやわらかく、まろやかな味わいを生み出す
源になっているそうなんです。


長年この水を使って醸造をしているわけですから、
その特徴を存分に活かした、
日本酒が造られているということですよね。

どんな味わいなのかも興味がありますが、
恵まれた自然から湧き出る仕込み水を飲んでみたいですよね(^^)



資源とは限りあるもの。

そしてとてもデリケートなものであると思います。




環境が変化することで、自然の恵みにも変化が出る
可能性はあるかもしれません。

だからこそ、事前に調査をし、対応策を講じることは
必須のように私は思います。


自然の恵みを絶やさないようにする対策、
とても大切だと思いませんか?



◎ニュースソース引用◎
asahi.com(朝日新聞社):名酒蔵元「水は大丈夫か」 国、愛知・設楽ダム調査開始 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0116/NGY200901150018.html
2009年1月18日

 名酒「蓬莱(ほうらい)泉」の仕込み水は大丈夫なのか。愛知県設楽町で設楽ダム建設計画を進める国土交通省が、蔵元の関谷醸造(同町)からこう問いただされ、仕込みに使われているわき水の水脈や水質の調査に乗り出した。「水に影響が出れば死活問題だ」と同社は不安を募らせる。

 同社は1864年創業。「蓬莱泉」の銘柄で知られ、純米大吟醸「吟(ぎん)」や「空(くう)」は予約でしか入手できない幻の名酒として知られる。

 仕込みには、豊川沿いの社有地にわき出る水を昭和30年代から使ってきた。ミネラル分がほとんどない「超軟水」で、醸造は難しいが飲み口がやわらかく、まろやかな味わいを生み出す源になっているといい、同社専務の関谷健さん(37)は「蓬莱泉はこの水でなければならない」と断言する。

 醸造はもちろん、原料となる米の洗浄やタンクの洗浄などに、1日20トン以上を使用している。

 昨年初めごろ、国交省が作ったダム建設関連の地図を見た関谷さんは、水源地がダムに非常に近いことを知り、不安を抱いた。同省設楽ダム工事事務所に「工事が始まっても水質は大丈夫だろうか」と問い合わせたところ、回答は「大丈夫だと思う」。

 「もし何かあったら(裁判に)訴える」と重ねて伝えたところ、水脈や水質の調査をすることが決まったという。

《後略》



【関連サイト】
関谷醸造株式会社:::ほうらいせん




関連記事
posted by はっち at 14:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年02月13日

お湯に浸けるだけでパスタが茹で上がる「パスタクッカー」

友人との会話の中で話題になっている「エコ家事」

中でも、キッチン関連のグッズでは、
エコ+お手軽さが連動しているものも多く、
調理時間を短縮したい主婦には、
かなりのお助けグッズでもあるのです手(チョキ)



し・か・し、お値段もそこそこするので(^^;;;)

購入するまでには至らないという現実が・・・・たらーっ(汗)



現在、私がとっても注目しているのが
「パスタクッカー」。

今までも、専用容器に水とパスタを入れて
電子レンジで加熱するタイプや、
お湯を注ぐだけでパスタも野菜も茹で上がるというタイプなどの、
プラスチック製の容器をよく見かけましたが、
今回見つけたのは魔法瓶と同じような保温力があるという、
パスタクッカー。



容器に塩と沸騰した熱湯とパスタを入れて、
入れたパスタの茹で時間+3分で、
アルデンテパスタが出来上がるのだとかレストラン


さすがに、プラスチック製品の容器よりも、
お値段が格段に違いますが(笑)。



このようなキッチングッズは、吹きこぼれの心配もないし、
茹でてる時に別な料理を、作ることもできるので、
時間短縮になりますよね。

こういった、エコキッチングッズは、
ほんと、あると便利なんだろうなぁ〜って思いまするんるん



我が家ではパスタを茹でる時に、シコシコ感をだしたいので
「酸性水(酸性電解水)」を使いますが、
このパスタクッカーでも同じように出来上がるのでしょうかね? 



欲しいなあ〜。

でも、買える予算もないなぁ〜(^^;;;)


と悩む主婦あせあせ(飛び散る汗)

【参考サイト】
真空断熱パスタクッカー/KJBシリーズ
[エコ家事|Vol.2 ガス代節約! 真空断熱パスタクッカー] - ミセス All About



関連記事
posted by はっち at 15:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水と環境

2009年02月11日

熊本市で水を守る「くまもと水守(みずもり)」制度が始まる

以前にも紹介したことのある「水検定」
(参照:水遺産を守るための「水検定」とは?)。

熊本市が「くまもとの水」を全国に発信する同時に、
水遺産の登録推進や水検定や水守といった、
地元の水資源を守るため意識を高めていく
取り組みの一つで始めたものです。

昨年の夏に第一回目の検定(3級)、
秋にも2級の検定が行われ、
今年は1級の検定も行われる予定なんだとか。



私も、練習問題にトライしてみましたが、
東京在住の私には難しかったぁ〜(××)
 




さて、この水検定ともつながることなのですが、
今年の3月から「くまもと水守(みずもり)」制度というのを
始動することになり、登録者を募集中とのこと。

この「水守(みずもり)」制度にはどういった人達が
登録できるのかというと、

熊本市の水環境保全や魅力発信の活動ができる人で、
例えば

●熊本水遺産の湧水地の世話人

●地下水をかん養する農家

●東京在住で地下水都市(熊本市)をPRする人

●水の名所案内ができるタクシー運転手

●熊本の地下水研究家

●料理を通じて水のおいしさをPRする料理人


などが、水守としての活躍の場があげられるのだとか。



水の大切さを教える人達、守る人達がいるというのは、
とても大切なことですよね(^^)



熊本市の取り組みが、全国に広がっていって、
全国に水守(みずもり)が制度が定着するといいなあ、
なんて思いました。



(ニュースソース)
熊本市が「水守」募集 地下水保全でネットワーク 来年3月から 2008年12月26日 01:34

 熊本市は、市民の水源となる地下水の保全や、水を生かした活動に取り組む人材を幅広く登録し、ネットワーク化を図る「くまもと水守(みずもり)」制度を来年3月からスタートさせる。「日本最大の地下水都市」(市水保全課)をPRする狙いもあり、現在、第1次の登録者を募集している。

 対象は「水」にかかわる活動に取り組む市内外の個人。「水守」になると、市から登録証が交付され、活動状況を市のホームページで情報発信できる。市は「水守」の活動などをまとめたメールマガジンを発行するなどして、情報の共有化も進める。

 例えば、料理を通じ、水のおいしさをアピールするシェフが「料理人水守」を名乗るなど、活動に応じた名前を自由に名乗ることもできる。

 登録は年2回を予定。登録後、熊本の水についての基礎知識を学ぶ講習会を受ける必要がある。市水保全課は「水にかかわる活動をする人の横のつながりは意外と弱い。水守制度を通して人材の育成と交流が図れれば」としている。
《後略》


【参考サイト】
熊本市が「水守」募集 地下水保全でネットワーク 来年3月から / 西日本新聞
くまもとウォーターライフ



関連記事
posted by はっち at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。