2009年01月27日

生ゴミの水切りをしっかりやることで環境負荷を低減

毎日の調理で出る「生ゴミ」

ところで、生ゴミを捨てる時、しっかりと水切りをしていますか? 

私は、かなり水切りはあまいほうだと思います。

ごめんなさいm(_ _)m。



実は、この生ゴミの水切り、しっかりと行うことで
焼却する時に余分なエネルギーを抑え、
二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすことにも
つながるのだそうです。


家庭から出る生ごみの70〜80%は水分とされ
(これじゃ、ほとんどが水分ですよね・・・・・)、
水分が多いと焼却の効率が悪くなりますあせあせ(飛び散る汗)




生ゴミの水分を減らしておくことで、

1ごみの量自体が減る

2収集運搬の燃料も少なくて済む

3焼却場で高温燃焼しやすい

4白煙防止になる

5二酸化炭素(CO2)の排出が削減できる



という多くのメリットが生まれ、
環境負荷を低減できるというのですかわいい



そのためには、生ゴミを発生させない工夫が大切。

そして生ゴミの水分をしっかりとること。


ハート野菜くずや果物の皮は「水にぬらさない」。

スペードお茶がらなどは「水切りをする」。

ダイヤ生ゴミを「風にあてる」。



風通しの良いところで保管することで、
4日間で20〜25%の水分が減少するのだとか。

また、水切りのために風通しのよい場所におくことで、
悪臭対策にもなるのだとか。



なるほど・・・・φ(.. ) 

これは、早速実行してみないとですね(^^)b

【参考サイト】
東京新聞:生ごみ水切りの術 網・カラット活用 絞る、干す、悪臭なし:暮らし(TOKYO Web) 2008年12月22日
生ごみリサイクル全国ネットワーク


関連記事


posted by はっち at 14:18 | Comment(8) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年12月11日

環境に優しい楊枝は「水に溶ける楊枝」

歯の間に詰まった食べかすを取る道具
としてよく用いられる、爪楊枝

お弁当を買った時、箸袋の中に一緒に
入っていたりもしますよね。

それ以外でも、調理用の道具として使ったり、
果物やお菓子など、食品をつまむ時に使用したりと、
地味な存在なのですが、けっこう私達の生活の中でには、
しっかりと根付いていたりするのです。




さて、爪楊枝の素材というと
「木」や「プラスチック」を思い出しますが、
最近の環境を考えた爪楊枝は
「とうもろこし、じゃがいも等の澱粉で作った穀物100%」。


そしてこの爪楊枝は『水に溶ける』のです(^^)b


澱粉で作られているので、廃棄しても自然分解が早く、
分解条件にもよりますが、
土中であれば数日で完全に分解してしまうというのですー(長音記号1)


これが、
木製だと1年〜2年
プラスチック製だと50年〜100年
もかかるというのには、びっくり(@@) 




この爪楊枝ならば、食品の食べ残しや
生ゴミに混ぜて破棄されても、
その中で溶けてしまうってことですよね。

これならば、燃えるゴミを出す時に、
爪楊枝の先端が袋を突き破って
危険な目に会うこともないですね(^^;;;)



ただし、煮込み料理などで食品を留める時に使うとか、
水分の多い食品などには不向きなのかしら? 

 と思ったのですが、

澱粉でできたお皿などと同じようなものだったら、
普通に使うには問題がないので、使用中はけっこう丈夫で、
『ゴミ』となってからは、自然に還元されるのが
早いってことなんでしょうね(^^)

【参考サイト】
株式会社旭創業 環境配慮商品スマイル楊子




関連記事
posted by はっち at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年12月02日

コンビニのお弁当類も「無洗米」で環境対策?

我が家で使用してるお米は「無洗米」です。

環境に配慮してとかそーいった理由ではなく、
ただ『便利だから(^^;;;)』という、
ものぐさ主婦の判断です(苦笑)。


普通のお米よりも若干お値段が高くなりますが、
お米を研ぐ手間と時間が短縮できる、
そして水を使う量が少なくできるというのがありがたいぴかぴか(新しい)




以前、このブログでも、
米のとぎ汁が環境汚染の原因になっているらしい
という内容をとりあげたことがありました

(参照:米のとぎ汁が環境汚染の原因になってるってホント?)。


お米のとぎ汁にはリンやチッソなどの栄養素が多く含まれ、
下水処理施設では分解処理されずに
河川、湖沼や海洋に放出されてしまうと「ヘドロ」になり、
水質汚濁の原因になるというんですあせあせ(飛び散る汗)




そこで、あるコンビニコンビニが環境対策の一環で
米飯類商品で使用する米を普通精米から「無洗米」に変更次項有

これにより、年間で2億5千万リットルの水と、
とぎ汁に含まれる窒素やリンなどの処理にかかる
二酸化炭素(CO2)の排出量が
840トン削減できるというのですひらめき


なんか、数字が大きすぎでピンとこない部分もありますが(^^;;)
これだけの規模となると、
お米を研ぐのにかなりの水を使用しているんだなぁ〜と。


企業の取り組みが、環境を考えるきっかけになるのは、
とても喜ばしいことですよね(^^)


【参考サイト】
ニュースリリース詳細|ニュースリリース|企業情報|FamilyMart ファミリーマートは“お米”を通じて環境を考えます おむすび、寿司、弁当の全品を無洗米に変更!
ファミリーマート、おむすび・寿司・弁当に使用する米を無洗米に変更 | コンビニ情報サイト コンビニパーク




関連記事
posted by はっち at 15:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年12月01日

味や臭いの異常で販売延期。ペットボトルのリユース実験。

ペットボトルのリユース実験が、首都圏の一部の
スーパーなどで行われていました。

使用済みの空ペットボトルを回収し洗って、
飲料を詰め直して再販売する方法
で、
海外では普及している地域も増えてきています
(参照:ペットボトルがビンと同じリユースの時代がくるのか!)。



しかし、このリユース実験、再使用商品を販売の段階で
ストップがかかってしまいました。 

Σ( ̄ロ ̄lll) え?




出荷前検査で、洗浄後の再使用ボトルに詰めた
ミネラルウオーターの味やにおいに異常があったというのです。

サンプル数本を分けて飲んだところ、業者の検査員全員が
「せっけんやプラスチックのようなにおい、味がする」と判定。


当初は、11月上旬に販売開始の予定を下旬以降へと
延期になったのだそうです次項有



この実験に使われているペットボトルは、
通常よりも厚みがあって傷が付きにくいものが
使用されていたと思います。


しかし、回収された中には変形していたものがあった
といいますから、使用されている環境によっては、
リユースしにくい状態になるのも出てくるのでしょうね。

洗浄段階での問題も十分に考えられるような感じも受けます。



実際に販売ルートに戻ってくるには、
いくつかのハードルがありそうですね(ーー;)。


でも、日本ではこのような取り組みは始まったばかりexclamation×2 

問題を解決して、再度、実験が開始されることを望みます(^^)



【参考サイト】
ペットボトル:水「におう」 再使用商品の販売延期 - 毎日jp(毎日新聞)




関連記事
posted by はっち at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

2008年11月02日

トイレタンク節水のためのペットボトルの落とし穴

我が家のトイレ節水対策の一つで、
トイレタンクに
「水を入れた2リットルのペットボトルを一つ入れておく」
というのをやっています。

トイレタンクの容量が大きい昔タイプのものなので、
比較的大きなペットボトルが入るのですが、
実はこの当たり前のような節水対策、
実はちょっとしたトラブルを引き起こすこともあるようなのです位置情報


せっかくの節水対策がちょっと裏目にでてしまう点なのですが(^^;;)
一度に流れる水量が少なくなるので、
便器によっては汚れが落ちなかったり、
流しきれずに二度流しになることもあるようです
バッド(下向き矢印)




タンクの容量というのは、便器の洗浄方法によって
必要な容量として設計されているので、
洗浄するための水量が不足することによって、
汚物が排水管内に詰まるということもありえるのです。

また、中に入れたペットボトルが動いてしまって、
水漏れや止水不良などの原因になることもあるのだとか
あせあせ(飛び散る汗)




ペットボトルを節水対策に利用するのは、
それなりの効果はあると思います。

けれども、使っている便器によっては、節水コマといった
節水グッズを使ったりするほうがいいのかもしれませんね。



ちなみに、私の場合、二度流し状態になったら、
風呂の残り湯を利用して流してしまいますね(^^;;)。


【参考サイト】
節水に御協力を!
節水のためタンクの中に物を入れても良いですか。(トイレに関するよくある質問 腰掛便器編 日本衛生設備機器工業会)




関連記事
posted by はっち at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水と環境

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。