2010年01月17日

水筒男子を超える! 地球に優しい「水道男子」

マイボトルを持ち歩く「水筒男子http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/129500283.html)」
がとってもエコ的でトレンディexclamation 
と言われた昨年。

もちろん、我が旦那様も
「水筒男子」歴○○年というベテラン(笑)


  
不況時の節約とエコという点から、
マイボトル持参がとにかく増えました。

様々なお店でも、マイボトルコーナーが充実しているしね。


で、今年は、水筒男子を超える、
とっても地球に優しい「水道男子」が、
さらに増えていくのかもしれません。


空のペットボトルや水筒を持ち歩き、
移動中に公園で給水する「水道男子」。

彼らは節約のためにペットボトル飲料などにお金をかけず、
水道水での水分補給を選んだ方々なのです。


なんかそこまでくると「ケチくさい」って感じもしますが(^^;;)


それだけ、日本の水道水の質が向上していることでもあるのです。

全世界的にも「蛇口回帰」にという流れもおきており、
エコの最先端ともいえる「水道男子」。


それならば、彼らには「レベラック」くんが
絶対おすすめですよね(^^)v

飲用には「還元水」と「浄水」。

お掃除などには「強還元水」。

ひげ剃り後には「酸性水(酸性電解水)」。

インフル対策には「強酸性水(強酸性電解水)」

と、水道水がまんべんなく、
フルに活用できるわけですから、
節約のお供にぴったり(^^)

エコの最先端は「電解水男子」なのかもしれませんね。

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
地球に優しい?それともただのケチ?「水道男子」増殖ワケ - 政治・社会 - ZAKZAK



posted by はっち at 20:36 | Comment(2) | TrackBack(1) | 水と環境

2010年01月15日

高級ワイン並みの存在感な「高級緑茶」って何?

ちらっとアクセス数を見てみたら、
元日にはみなさん「若水」の記事を読まれてるんですね。

では、ここでちょこっとおさらいパンチ


元日の早朝にその年初めて汲む水のことを
「若水(わかみず)」もしくは「初水」といいます
(参照:元旦の朝に汲む「若水」とはなんぞや?!)。


本来なら、井戸水を使うのですが、
今では水道水でもOKexclamation

もちろん、我が家の「若水」は
レベラックくんで生成される「還元水」です。


今朝も私が、コップで「コキュ」っといただいちゃいました(^^;)

家族で飲むお茶用に・・・なんて思っていたのに、

起きた時はすっかり忘れているんですよね。。。。たらーっ(汗)



ところで、お茶といえば、ワインボトルに入って桐箱付き、
値段も20万円以上するという、「高級緑茶」
というのを見つけました(@@)。


「King of Green MASA Super Premium」という商品で、
「天竜茶」という各種の茶品評会で高い評価を得て、
農林水産大臣賞受賞してる高級茶葉を使用。

さらに本物のお茶の味を伝えるのに「手摘み茶葉」のみ、
添加物、保存料、酸化防止剤などを一切使わず
加熱をしない「水」だけで抽出。



この水は「フィルターろ過除菌」をし、
茶葉に併せた抽出力が高い水を作りあげているのだそうです。

元になっている「水」どこのなのでしょうか(^^;;)
・・・やっぱり天竜茶の産地の水なのかな? 



そして、抽出には3日〜6日。

1日に40本までしか生産しないのだそうです。




ここまで、徹底したお茶の味と香りを追求した
「高級緑茶」ってどんな味がするのでしょうかね(@@)


【参考サイト】
ロイヤルブルーティー


posted by はっち at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気になる「水」関連商品

2010年01月14日

正しい雑巾の絞り方とは?

さて、今日も大掃除の時のお話です。

子供達に廊下の拭き掃除をお願いしたのですが、
なんと、水浸し状態に(><)


どうも、きっちりと雑巾が絞れていないようなのです。

雑巾を団子のように丸めて、ぎゅっと絞っているだけあせあせ(飛び散る汗)

うーん(ーー;)それって、雑巾を濡らしてるだけ
にしか見えないですけれども。



そこで、「雑巾の正しい絞り方があるのだろうかexclamationと、
お掃除を中断して、ネットで検索(笑)

そしたら、ありましたありました。

雑巾の絞り方にもちゃんとルールがあったのです。


1雑巾を縦位置にして、右手を逆手にして上、左手を順手にして下の位置で持ちます。

2右手側を外側に押すように、左手側を内側に押すような感じで、ねじりながらギュッと力を入れて絞ります。

これで、無理なくきっちりと、余分な水分を残すことなく、
雑巾が絞れるのです。


って、私も正しい絞り方をしていないことが、ここで発覚ひらめき

 両手とも順手で横絞りをしていたのです。

「おかあさんだって、正しい絞り方してないじゃんexclamation
と子供達の非難が・・・・(××) 


正しい絞り方をマスターして、
水浸し状態だった廊下を拭き直しダッシュ(走り出すさま)
 
そして、たたみもキッチリと拭き上げて大満足していました(^^)


床掃除なので使っている水は「酸性水(酸性電解水)」。

還元水を生成している時に、吐水ホースから出てきてる
酸性水を掃除用に貯めておいたものを使用しました。


住宅洗剤を使わずともすっきりと汚れが落ちるし、
使用後の雑巾のニオイも気にならないので、
とっても便利なんです(^^)v

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現 美容に 酸性水
いまさら聞けない、正しい雑巾のしぼり方 [暮らしの歳時記]All About

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。