2010年01月25日

1月25日は、「中華まんの日」なのです

寒い日のおやつといえば「中華まん」



中華まんでほっかほか〜




私も子供たちも、大好きです(^^) 

このほくほくっという温かさ。

とっても安心しますよねキスマーク



さて、1月25日は「中華まん」の日なんだそうです(・・)oh! 


これは、1902(明治35)年の1月25日に、
北海道旭川で、日本の観測史上最低の気温
「マイナス41℃」が記録された日でもあるのだそうです。

マイナス40℃台って、どのくらいの寒さなんでしょうか(^^;;;)。

想像がつきません(><)  



そこで、寒い日には「中華まん」を食べて
暖まってもらおうということで、
記念日が制定されたのだとか。

同じように、日本最低気温の日に因み、
寒い日にはホットケーキを食べて暖まってもらおうと制定された
「ホットケーキの日」でもあるそうです(^^;;)



ところで、自宅で「中華まん」を温める時って、
どのようにしていますか? 

蒸し器を使うこともあれば、
手軽なところでは電子レンジで温めたりしますよねいい気分(温泉)


ふかふかっとした仕上がりにするには、
霧吹きなどで「水」を軽くふきつけるといいんですよ(^^)v 

我が家では電子レンジを使うことが多いのですが、
この時に使う水では「還元水」にしています。

粉モノ系の蒸し料理をする場合「酸性水(酸性電解水)」のほうが、
型くずれなくできるのですが
(参照:還元水VS酸性水。蒸し物にはどっちの水が最適?)、
短時間で温める場合ならば「還元水」のほうが、
素材との馴染み方が早いので、ふっくらになるのですよるんるん


でも、蒸し器を使ってじっくりと
中華まんを温める場合は「酸性水」のほうが、
皮がベタベタにならずに、締まった感じで中がふっくら
といった仕上がりになるかもしれませんね。

時間、使う調理器具などによって、
同じ食品でも「還元水」「酸性水」を使い分けることで、
調理の幅もひろがりそうです。

【参考サイト】
株式会社エナジック|暮らしの安心を実現
1月25日 中華まんの日 <366日への旅 記念日編 今日は何の日>


posted by はっち at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | お水で美味しく

2010年01月24日

ニンジンジュースでなく「ニンジンサイダー」!?

根強い人気のある「地サイダー」。

新商品もちょくちょく見かけるようになりました。


その中で、ちょっと気になっているのが
「スパークリング・キャロット」という、
ニンジンサイダーなのです。


これは「北海道サイダー」として、
「平成21年度 むらおこし特産品コンテスト」で
中小企業庁長官賞を受賞した
「スパークリング・トマト」
「スパークリング・グレープ(赤・白)」の
同シリーズ商品の姉妹品。

ニンジンを炭酸水と一緒に充填する技術が難しかったため、
3商品よりも発売が後発になってしまったのだとか。



「スパークリング・キャロット」は、
ニンジンを皮ごと加工しているので、
ニンジンの栄養をのがさずきっちりとビンに封じこめexclamation 

ニンジン特有の青臭さもないらしく
ニンジン嫌いの子供でも美味しく飲めるらしいのです。


フルーツ系の地サイダーはありましたが、
野菜ベースの地サイダーって珍しいですよね。

入っているビンも、スパークリングワインを思わせるような、
おしゃれなボトルなので見た目は
「地サイダー」っぽくないかも(^^;;)

ニンジンベースの野菜ジュースなどは、けっこう甘めなので、
このサイダーもそうなのかな?  



直接購入は北海道内の一部の店舗みたいなので、
ネットでお取り寄せしてみようかな。


【参考サイト】
北海道アグリマート 北海道サイダー
posted by はっち at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

2010年01月22日

洗濯機で丸洗いできるダウンジャケット

つい先日まで、我が家には
「ダウンジャケット」がありました。

でも手入れが面倒だったので、
泣く泣く手放すことに・・・・あせあせ(飛び散る汗)



手放した理由は「家庭で洗濯ができなかったこと」

クリーニングにだすしかなかったのですが、
それもちょっとお値段かかったし(^^;;;) 
それに一度クリーニングに出したら、
フワフワだったダウンジャケットが
ペッシャンコ状態で戻ってきたことがあったのです(><) 



でも、あの軽くてあたたいダウンジャケットの温もりは、
寒い冬には捨てがたい・・・・。



なんて思っていたら、今は
「家庭で丸洗いできるダウンジャケット」
があるんですね(@@)

近所のジーンズショップのチラシで見て、
指をくわえています(笑)



このダウンジャケットが洗える特徴は、
特殊縫製によって、洗濯中のダウンジャケットに
残る空気の量を大きく減らし
洗濯槽に沈む状態を作り出したということ。

それにより、洗濯液もダウンジャケットとなじみ
洗濯が可能になったそうです。

また、生地の表面に特殊加工をすることで、
ダウンが縫い目から飛び出しにく状態になったので、
洗濯機で洗っても生地が傷みにくくなっているんだそうです。


もちろん、我が家だったら
「酸性水(酸性電解水)」で洗濯しますね(^^)v

デリケートな衣類の洗濯には最適にだし、
柔軟剤などを使わなくてもふんわりと仕上げてくれるしかわいい


購入できるかどうかは、旦那様次第だなあ(^^;;)

【参考サイト】
家庭用洗濯機で洗濯できるアウター X-WASH EASY CARE | デニム・ジーンズカジュアル Right-on(ライトオン)
ダウンジャケットが家庭用洗濯機で洗える時代に! - 東京ウォーカー

posted by はっち at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる「水」関連商品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。